Skip to main content

老眼には遠近両用コンタクトレンズ~ハードもソフトも~

「スマホの文字が読みにくい」「細かい字にピントが合うまで時間がかかる」。もしかすると、それは老眼の症状かもしれません。今回は、そんな老眼の頼もしい味方である遠近両用コンタクトレンズについてご紹介します。

 

 

目次

1 老眼矯正は遠近両用コンタクトレンズでも可能

2 遠近両用コンタクトレンズの仕組み

3 遠近両用コンタクトレンズの種類

4 まとめ

 

 

老眼矯正は遠近両用コンタクトレンズでも可能

老眼は、誰もが避けられない目の老化です。目のピント調節機能が加齢とともに衰えて、近くのモノが見えにくい、などの症状が現れます。眼鏡を外さないと近くのものが見えづらい、目が疲れやすいなどの不調が気になり出したら、老眼のサインかもしれません。老眼の悩みは、遠近両用コンタクトレンズで解決できるかもしれません。

 

老眼といえば老眼鏡や遠近両用メガネを使うイメージがあるかもしれません。しかし最近では、遠近両用コンタクトレンズの種類も増えており、老眼対策の選択肢のひとつとなっています。

 

 

遠近両用コンタクトレンズの仕組み

遠近両用コンタクトレンズは、アキュビュー® の場合、1枚のレンズに、中心部分には近くを見る度数、周辺には遠くを見る度数と、同心円状に異なる度数が配置されています。近くを見る度数も遠くを見る度数も常に使っているため、視線を動かさず遠くも近くも自然に見えるようになります。

見え方には個人差があります。

 

 

遠近両用コンタクトレンズの種類

遠近両用コンタクトレンズには、一般的なコンタクトレンズと同様に、ハードもソフトもあります。まずは眼科医に相談して、適切な遠近両用コンタクトレンズを処方してもらいましょう。

 

 

まとめ

遠近両用コンタクトレンズは、ライフスタイルを変えることなく、見えづらさを改善することができます。老眼対策の選択肢のひとつとして、遠近両用コンタクトレンズを検討してみてはいかがでしょうか。老眼かなと思ったら、まずは眼科医にご相談ください。