Skip to main content

サイト内検索

ご存知ですか コンタクトの種類

コンタクトレンズにはいくつかのタイプや種類があります。ライフスタイル、予算、見え方に合うレンズを選びましょう。

コンタクトレンズの種類について

 
コンタクトレンズの種類

ハードとソフトの違い

 

コンタクトレンズはおおきく2種類に分類できます。ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズです。それぞれの特徴は次のようになります。

ハードとソフトの違い
QA Text: 
QA Question: 

ハードコンタクトレンズの特徴

硬い素材でできており、酸素を通しやすいのが特徴です。くろ目よりも小さいサイズなのでつけやすく、目を覆う面積が少ないことから目への負担も少ないです。強い近視や乱視の矯正に向いています。ただし、硬い素材のために初めて使うときには慣れるまで時間がかかることがあります。また、毎日のお手入れをしながら長時間使用するタイプのコンタクトレンズになります。

トップへもどる
QA Question: 

ソフトコンタクトレンズの特徴

柔らかく水分を含んだ素材でできているため、目になじみやすくはずれにくいのが特徴です。そのため、初めてでも慣れやすく、柔らかくはずれにくいため、初めてコンタクトレンズを使う方には向いているといえます。1日使い捨ての1dayタイプの他に、毎日のお手入れをしながら使用する2weekタイプなどがあります。

トップへもどる

ソフトコンタクトレンズの種類

 

ソフトコンタクトレンズには、1dayタイプや2weekタイプなどがあります。
さらに、乱視用、遠近両用、カラーの入ったタイプなど、種類が豊富です。

QA Text: 
QA Question: 

交換する期間の長さによる違い

どちらもソフトコンタクトレンズですが、1dayタイプは1日で使い捨て、2weekタイプは2週間で交換します。1dayタイプは日々のお手入れが必要ないので、旅行やスポーツをする時など一時的に使いたいという人にも向いています。
1dayタイプ以外だと、2weekタイプや1monthタイプなどがあります。このタイプのコンタクトレンズの場合には、毎日のお手入れが必要です。

トップへもどる
QA Question: 

矯正目的による違い

近視や遠視以外にも、乱視や老眼の場合には、それぞれの見にくさを矯正できるソフトコンタクトレンズを装用することができるようになります。

トップへもどる
QA Question: 

素材の違い(ハイドロゲル / シリコーンハイドロゲル)

一般的に販売されているソフトコンタクトレンズの素材には2種類あり、ひとつはハイドロゲル素材、もうひとつはシリコーンハイドロゲル素材です。 2つの素材の違いは、主に酸素が通るしくみの違いと、汚れやすさの違いと言われています。

1. 酸素が通るしくみの違い
ハイドロゲル素材はコンタクトレンズに含まれる水分を介して酸素が目に届き、シリコーンハイドロゲル素材は水分を介してだけではなく、酸素が直接コンタクトレンズを通過することで目に酸素が届くしくみになっています。
2. 汚れやすさの違い
ハイドロゲル素材は、シリコーンハイドロゲル素材と比較すると涙に含まれるタンパク質が付着しやすいといわれています。シリコーンハイドロゲル素材は、タンパク質は付着しにくいのですが、親油性が高いために油分が付着すると落ちにくくなりやすい特徴があります。
トップへもどる
QA Question: 

ベースカーブやサイズの違い

角膜の曲がり具合(カーブ)は人によって異なっており、コンタクトレンズの丸みも各製品によって異なります。カーブは「ベースカーブ(BC)」として数値化されており、単位はミリで表され、数値が大きいほどカーブがゆるくなります。
また、コンタクトレンズは製品ごとに角膜を覆う範囲も広さも異なります。サイズは「DIA」として数値化されており、DIA の数値が大きいほどサイズが大きくなります。
ベースカーブ(BC)やDIAは、眼科医に処方された指示書やお手持ちの商品のパッケージ、ラベルに記載されているので、お使いになっているコンタクトレンズのベースカーブ(BD)やDIAを知りたい場合、処方箋やパッケージ・ラベルをご確認ください。
眼科では、目の状態にあったコンタクトレンズを処方してくれます。コンタクトレンズを購入する際は眼科を受診して、自分に合ったコンタクトレンズを処方してもらいましょう。

トップへもどる

あなたに合うアキュビュー®製品を探す

アキュビュー®では、ソフトコンタクトレンズの1日使い捨てタイプ(1day)、2週間交換タイプ(2week)のお取り扱いがあり、
近視・遠視、乱視用、遠近両用、サークルレンズのご用意があります。

装用期間や見え方に合わせて、コンタクトレンズの種類別にアキュビュー®製品をお探しください。

レンズ選びのポイント 装用期間

コンタクトレンズは、装用期間で分類されます。

レンズ選びのポイント 目の見え方

近視・遠視用コンタクトレンズ

近視は遠くのものがぼやけて見えます。一方、遠視は近くのものや、ときには遠くのものがぼやけて見えます。近視と遠視は視力補正が必要とされる代表的な症状です。

乱視用コンタクトレンズ

乱視用のコンタクトレンズは円環状レンズと呼ばれます。乱視は、見るものの距離に関係なく、その程度によって、ものがぼやけたりゆがんで見えたりします。

遠近両用コンタクトレンズ

老眼は歳を重ねるとみられる目の症状です。ほとんどの人におこる症状ですので心配はいりません。40歳、50歳台になると、メニューや本、雑誌など、特に小さい字がぼやけて見えると感じるかもしれません。遠近両用コンタクトレンズで補正できます。

レンズ選びのポイント ライフスタイル

アキュビュー® が選ばれる理由

目そのものやライフスタイル、視力補正のニーズを深く理解するところからレンズ開発は始まります。

コンタクトレンズの購入について
詳しく知りたい方はこちら

さあはじめましょうコンタクト