Skip to main content

サイト内検索

コンタクトレンズの購入について

~眼科での検診や流れ~

アキュビュー® 製品の購入

 

あなたに合った方法でアキュビュー® 製品をご購入いただけます。

自分に合うコンタクトレンズを相談して選ぶなら

 

アキュビュ® 公式の
定期便サービス

 

公式オンラインストアで安心して購入するなら

※購入には眼科医の指示が必要です

アキュビュー® ストア
表参道にOPEN!

 

閉じる

コンタクトレンズの買い方・店舗購入までの流れ

 

初めてコンタクトレンズを購入する場合、店舗に行けばすぐに作れるというわけではありません。
コンタクトレンズは、高度管理医療機器であり、事前に眼科医による検査を受け、コンタクトレンズを処方してもらいます。

QA Text: 
QA Question: 

眼科で検査・処方を受ける

眼科では、コンタクトレンズに対する適性を検査します。コンタクトレンズを安全に装用するためには、目の健康状態を調べる必要があるからです。問題がなければ、目にあったコンタクトレンズが処方されます。また、コンタクトレンズを正しく扱えるようになるために、着脱の練習やケア方法の指導も行われます。眼科を受診する際は、保険証を忘れずに持参してください。

トップへもどる
QA Question: 

眼科医の処方をもとに店舗で購入する

眼科医に検査・処方をしてもらったら、いよいよ店舗でコンタクトレンズを購入します。眼科医からのコンタクトレンズ処方指示書(処方せん)に製品まで指定されています。購入に関してわからないことや不安なことがあれば、遠慮せずに相談しましょう。

トップへもどる
QA Question: 

通販で購入する場合

通販でコンタクトレンズを購入する場合も、最初に眼科医に検査をしてもらい、処方に基づいて購入手続きを進めることが大切です。2回目以降の場合でも、度数や目の状態に変化があるかもしれません。そのため、改めて眼科で検査をし、目の状態にあった処方をし直してもらってから購入するようにしましょう。
通販の場合には、実際の商品を購入前に手元で確認することができないため、届いたらすぐにパッケージに破損がないか、処方と違っていないかなどを確認しましょう。

トップへもどる
QA Question: 

2回目の購入以降も定期検査を受ける

実際にコンタクトレンズを使ってみて問題がないか、コンタクトレンズが目にあっているかを眼科で定期的に検査を受けます。目に何も違和感がなかったとしても、気が付かないうちにキズがついていることや、何らかの症状があらわれている場合があります。また、目は年齢によっても見え方が変わっていきます。常に目にあったコンタクトレンズを装用するためにも、3か月に1度程度は定期検診を受けるようにしましょう。

トップへもどる

眼科での検査の流れ

 

初めてのコンタクトレンズ購入で、どのような検査や診察を受けるのか不安、といった方のために眼科で行われるコンタクトレンズの一般的な検査をご紹介します。

QA Text: 
QA Question: 

問診

まず、問診票を記入します。問診票では、気になる目の症状、薬や食べ物のアレルギーの有無、病歴、生活状況、相談したいコンタクトレンズの種類などを記入していきます。

トップへもどる
QA Question: 

検査と診察

目の状態を調べて、コンタクトレンズ装用が可能かどうかの検査、診察が行われます。
眼科医が視力検査などの検査結果を確認し、目の状態やコンタクトレンズ装用に適しているかなどの診察を行います。特に問題がなければ、次はレンズ選びです。

トップへもどる
QA Question: 

レンズ選びの検査と診察

眼科医がレンズ装用者の目の状態、生活習慣、装用スケジュールなどをもとにコンタクトレンズを選択していきます。
まず、トライアルレンズを装用して、レンズが目に合っているか、スムーズな動きをしているかなどを調べます。次にトライアルレンズで視力検査をし、快適に見えるように矯正して最終的な度数を決めます。

トップへもどる
QA Question: 

コンタクトレンズ取扱いの指導

初めてコンタクトレンズを装用する方は、レンズの着け方やはずし方の練習、ケア方法や取り扱いについての指導を受けますが、分からないことがあれば質問するようにしましょう。その他、定期検診の案内があります。
コンタクトレンズは正しく使用しないと目のトラブルにつながる可能性があるので、正しい知識を身につけてください。

トップへもどる

コンタクトレンズ購入時の処方箋について

 

「コンタクトレンズ購入に処方箋が必要なのか?」という疑問をお持ちの方や、「特に症状がないから」「眼科の受診は面倒だから」
と処方箋なしでコンタクトレンズを購入しようとする方は多いのではないでしょうか?
安全にコンタクトレンズをご使用いただくために、購入時に処方箋が重要な理由について解説します。

QA Text: 
QA Question: 

コンタクトレンズの処方箋とは

一般にコンタクトレンズの「処方箋」といわれているのは、「コンタクトレンズ指示書」のことです。
コンタクトレンズは、使用者が正しく安全に使用できるように、コンタクトレンズ販売業者に対して「眼科医の処方・指示に基づく販売」が推奨されています。アキュビュー® のコンタクトレンズを購入する場合は、眼科医の処方が必要です。

トップへもどる
QA Question: 

処方箋なしでコンタクトレンズを購入するリスク

コンタクトレンズは「高度管理医療機器」です。もしも目にあわないコンタクトレンズを装用していると、さまざまなトラブルを招くリスクがあります。アキュビュー® のコンタクトレンズを購入したい場合も、処方箋(コンタクトレンズ指示書)をもらうようにしましょう。

トップへもどる

Q&A 一覧 眼科医の検査・処方について

QA Text: 
QA Question: 

検査費用はどれくらいかかりますか?

検査内容により異なります。お手数ですが、直接、眼科にお問い合わせください。

トップへもどる
QA Question: 

医療費控除の対象になりますか?

国税に関するご相談は、国税局電話相談センターなどで行っています。お手数ですが、所轄(又は最寄り)の税務署にお問い合わせください。

トップへもどる
QA Question: 

定期検査のサイクルはどれくらいですか?

お客様の目の状態により、定期検査のサイクルは異なります。眼科医の指示に従ってください。

トップへもどる

Q&A 一覧 購入について

QA Text: 
QA Question: 

保険証を持っていく必要はありますか?

受診される医療機関や検査内容によって、保険証が必要な場合もありますのでご持参ください。

トップへもどる
QA Question: 

ジョンソン・エンド・ジョンソンから直接購入できますか?

あいにく当社では、コンタクトレンズを装用されるお客様に対して、直接販売は致しておりません。アキュビュー® 製品取扱い店でのご購入をお願いいたします。

取扱い店検索

トップへもどる
QA Question: 

試せる枚数や、期間はどれくらいですか?

お試しできる枚数や期間は、眼科医の判断により異なります。お手数ですが、直接眼科医にご相談ください。

トップへもどる
QA Question: 

返品や交換をすることはできますか?

当社では、お客様との直接販売や返品・交換などのお取引は行っておりません。返品・交換については、購入された取扱い店にご相談ください。

トップへもどる
QA Question: 

視力が0.1なのですがレンズの度数はいくつになりますか?

視力が同じでも、近視や乱視などの程度は人によって異なります。また、生活環境やコンタクトレンズを装用する場面によって、強めの度が良い場合も、逆に弱めの度が良い場合もあります。検査を受ける際、眼科医に直接ご相談ください。

トップへもどる
QA Question: 

今使っているのと同じレンズが欲しいのですが、どのように買えば良いですか?

目の状態によっては、度数やレンズの種類を別のものに変えたほうが良い場合もあります。まずは、眼科医に相談してください。

トップへもどる

Q&A 一覧 継続購入について

QA Text: 
QA Question: 

定期検査は受けないといけませんか?

調子がいいと思っていても、ご本人の自覚症状も無く、気付かない間に目のトラブルが発生していることがございます。定期的に眼科で検査を受けていただきますようお願いいたします。

トップへもどる
QA Question: 

今使っているのと同じレンズが欲しいのですが、どのように買えば良いですか?

目の状態によっては、度数やレンズの種類を別のものに変えたほうが良い場合もございます。製品をご購入の際は、検査の必要の有無も含めて、まずは、眼科医に相談してください。

トップへもどる

アキュビュー® 製品の購入

あなたに合った方法でアキュビュー® 製品をご購入いただけます。

自分に合うコンタクトレンズを相談して選ぶなら

 

アキュビュ® 公式の
定期便サービス

 

公式オンラインストアで安心して購入するなら

※購入には眼科医の指示が必要です

アキュビュー® ストア
表参道にOPEN!

 

◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。

◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。