Skip to main content

老眼鏡と遠近両用ソフトコンタクトレンズの違いとは?

老眼とは目の加齢に伴い生じる現象です。老眼が始まる年齢や程度は個人差がありますが、年をとれば誰しも経験することになります。老眼を矯正する方法として代表的なのは、老眼用のメガネやコンタクトレンズを装用することです。老眼鏡コンタクトレンズでは何が違うのでしょうか。それぞれの違いについてご紹介します。

 

 

目次

1 老眼鏡と遠近両用ソフトコンタクトレンズの違い

2 遠近両用ソフトコンタクトレンズについて

3 老眼鏡について

4 まとめ

 

 

老眼鏡と遠近両用ソフトコンタクトレンズの違い

老眼になると、目のピント調節機能が低下して、近くのモノが見えづらくなります。老眼鏡とは、目の調節機能を補助し、近い距離でピントを合わせやすくするメガネのことです。基本的に近くを見るのに適した度数になっており、遠くを見るとぼやけます。そのしくみから、対象物の距離によって、老眼鏡をかけたりはずしたりする必要があります。

 

一方、遠近両用ソフトコンタクトレンズの場合、近距離用の度数と遠距離用の度数が、1枚のレンズに配置された構造になっています。対象物の距離に応じてピントを合わせる眼の機能を補助してくれるため、近くも遠くも自然に見えるのが特徴です。

 

 

遠近両用ソフトコンタクトレンズについて

遠近両用ソフトコンタクトレンズでは遠くも近くも、自然に見え、広い視野を確保できます。また、老眼鏡のように、かけたりはずしたりする必要もなく、持ち運びする必要もありません。

 

しかし、他のコンタクトレンズと同様に、目の状態に合わないものを装用したり、使用方法を間違えたりすると、目のトラブルを引き起こす可能性があるので適切な管理が必要です。

 

 

老眼鏡について

老眼鏡は、レンズが目に直接触れないため、目に対する物理的な影響を与えにくいです。また、装用時に遠くが見えない代わりに、手もとに関してはとても優れた見え方を実現することもできます。気分やシチュエーションによって、複数のメガネを使い分けることも可能です。

 

 

老眼鏡と遠近両用コンタクトレンズは併用できる?

遠近両用コンタクトレンズは、慣れるまでに時間がかかる方もいます。また、目に異常がある場合などはコンタクトレンズの装用自体ができないこともあります。裸眼で使用するものもふくめ、老眼鏡は用意するようにしましょう。遠近両用コンタクトレンズをしていても見えにくい、小さな文字を見たいときは、遠近両用コンタクトレンズを装用した状態で老眼鏡をかけることもできます。まずは眼科医を受診して、自分の目にあった老眼鏡遠近両用コンタクトレンズを処方してもらってください。

 

 

まとめ

老眼鏡と遠近両用ソフトコンタクトレンズには、それぞれメリット・デメリットがあります。シーンによって双方を使い分けるのもひとつの手です。ただ、目の状態や老眼の程度により、向き不向きがあります。まずは、眼科医に相談しましょう。