矯正視力・裸眼視力とは?その違いを解説

矯正視力・裸眼視力とは?その違いを解説

矯正視力・裸眼視力とは?その違いを解説

健康診断などで測定することもある「視力」。一口に視力といっても、実はさまざまな種類に分けられます。そこで今回は、矯正視力と裸眼視力の違いについて解説していきます。
作成日: 2022/12/14
更新日: 2022/12/26

memamori-icon-eye.png
目次

 

矯正視力とは

矯正視力とは、メガネやコンタクトレンズなどで近視や遠視・乱視などの屈折異常を矯正した状態で測定した視力です。正しく屈折異常の矯正を行った状態でも視力が低い場合、屈折異常以外が原因となり視力が低下している可能性があると判断できます。

裸眼視力とは

裸眼視力とは、メガネやコンタクトレンズなどを使用せずに測定した視力です。裸眼視力の測定では、見えにくい原因を特定できません。

矯正視力と裸眼視力の違い

矯正視力は、近視や遠視、乱視といった屈折異常以外に、視力に影響するような病気はないかを知るために測定します。

これに対して、裸眼視力はあくまでもメガネやコンタクトレンズを装用しない時の視力です。

視力を測定する際は、裸眼のときも矯正のときも、目を細めたり、あてずっぽうに答えたりしないようにしましょう。

まとめ

一般的には、視力といえば裸眼視力のことだと思いがちですが、視力にはさまざまな種類があり、目の健康状態を確認するためには矯正視力を測定する必要があります。定期的な矯正視力の測定によって、何らかの目の異常を発見することもありますので、眼科での定期検診を受けるようにしましょう。

瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら

 

コンタクトレンズを探す

 

1日使い捨てコンタクトレンズ

お手入れ方法
1日使い捨てのコンタクトは毎朝新しいレンズを使い、夜にはそのレンズは捨ててしまいます。よって、レンズケア商品を購入する必要はありません。

ライフスタイル
1日使い捨てのレンズはお手入れが簡単で扱いやすく、はじめてコンタクトをお使いになる方や、活発なライフスタイルをお過ごしの方におすすめです。

2週間交換コンタクトレンズ

お手入れ方法
毎日のシンプルなレンズケアで、安全に、そして清潔にご使用いただけます。夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

ライフスタイル
こちらのコンタクトは開封してから2週間お使いいただけます。安全に、そして清潔にお使いいただくために、毎日のシンプルなレンズケア(洗浄・消毒)を行い、夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。