めまもり - 視力低下

めまもり - 視力低下

もっと知ろう、もっと守ろう、目の健康。「めまもり」プロジェクト

視力低下の原因や目の仕組みとは?

対策と対処法を解説

視力に関する悩みは基本的に高齢の方ほど抱えやすいですが、 最近では若い人の中にも視力が低下したと感じ、悩む人が増えています。 特に、パソコンやスマートフォンの普及によって、 視力の問題を訴える人が増えており、 なかには生活に支障が及ぶほど辛い症状に悩まされている人もいます。 ここでは、目のしくみと視力低下の原因、 視力が低下したと感じた場合の対処法などを解説します。

目のしくみと屈折異常

はじめに、目で「ものが見える」とはどういうことなのか、知ることから始めましょう。
ものを見るためには、まず外にある光を感じる必要があります。目の中でこのはたらきを担っているのが網膜です。下の図に示すように、網膜は目の奥側にあり、この部分にまで光が到達すると、私たちは外に光があることを認識することができます。
しかし、光を感じるだけでは「ものが見える」という状態にはなりません。ものが見えるためには、見ているものに「ピント」が合っていなければなりません。つまり、外から入ってきた光がうまく眼の中で屈折(曲がること)して網膜上に一つの焦点をつくる、つまりピントが合った状態になっている必要があります。

イメージ図

目の構造には個人差があり、眼の中でうまく光が屈折しないことで、網膜上に一つの焦点が形成されない眼もあります。このように、網膜上に一つの焦点が形成されない状態を、「屈折異常」といいます。屈折異常があると、見ようとするものにピントが合わないため、ものがはっきりと見えなかったり、ぼやけて見えたりします。
見ようとするものにピントが合うには、下図(図A)のように、角膜と水晶体で屈折した光が網膜上で一つの焦点を形成しなくてはなりません。このように、遠くにあるものにきちんとピントが合った状態のことを「正視」といいます。
また、人によっては眼球の長さが長いために、網膜よりも手前でピントが合ってしまうことがあります(図B)。この状態がいわゆる「近視」で、遠くのものがぼやけて見えにくくなります。ピントの合う位置が水晶体に近い(網膜から遠い)ほど、「強い」近視といわれます。反対に、目にあまり奥行きがない人の場合、網膜よりも後ろで像が結ばれてしまいます(図C)。この状態がいわゆる「遠視」です。また、眼の中で焦点が一つにならない状態を「乱視」といいます。
一方、水晶体の周囲には、水晶体の厚みを「調節」するはたらきを持った毛様体筋という筋肉が存在しています。毛様体筋は、外から入ってきた光が網膜上で1つの像を結ぶように、水晶体の厚みを「調節」する役割を担っています。
目の構造に問題があるのではなく、水晶体の厚さをうまく調節できないために、ピントが合いにくい状態になることがあります。この状態を「調節異常」といい、代表的なものがいわゆる「老眼(老視)」です(図D)。

(A)正視

イメージ図

(B)近視

イメージ図

(C)遠視

イメージ図

(D)老視(老眼)

イメージ図

視力低下はなぜ起こる?

40歳を過ぎる頃から、水晶体は徐々に硬くなり、柔軟性が失われていきます。すると、水晶体の厚さを変化させることが難しくなり、近くのものにピントを合わせづらくなります。この状態が、多くの人が加齢とともに経験する老眼(老視)です。
一方、最近では、30代以下の若い人や子供のなかにも、「スマホを長時間見た後に遠くを見るとぼやけて見える」といった老眼に似た症状に悩む人が増えています。これは、スマートフォンなどの長時間使用が原因で起こる、いわゆる「スマホ老眼」です(「リモート老眼」と呼ばれることもあります)。「スマホ老眼」では、スマホやパソコンなどの画面を近距離で長時間見続けることで目の筋肉が凝り固まり、ピント調節がうまくできなくなるために起こります。この症状は、医学的には「調節緊張症」と呼ばれており、スマホ以外にも近距離で何かを見続けたとき(例えば、悪い姿勢での読書など)に起こりやすいとされています。

視力低下を防ぐための
対策方法とは?

最近では、ITの進歩に伴って、仕事やプライベートでパソコンやスマートフォンなどを使う機会が多くなってきました。しかし、あまりにも長時間にわたって作業をすると、目だけでなく、身体のさまざまな部分に不調をきたし、さらには精神面にまで影響が及んでしまうこともあります。このような症状が現れてしまった状態をVDT(Visual Display Terminals)症候群といいます。VDTとは、パソコンやスマホのディスプレイ(画面)のことです。
VDT症候群の具体的な症状は、目の疲れ(眼精疲労)や痛み、かすみ、充血、視力低下、ドライアイなどです。目以外にも、首・肩のこりや頭痛が現れることがあるほか、イライラを感じることもあります。VDTを使った作業時間が長くなるほど、目に関する症状が多くなる傾向にあるとされています。
これらの症状が起こる原因は、ディスプレイを見る際にまばたきが減ること、視線が上向きになること、さらに視線をさまざまな方向に動かすこと、などにあると考えられています。このような状態で目を長時間酷使することで、涙が蒸発して目が乾燥しやすくなるとともに、疲れが溜まって、さまざまな症状が生じるのです。
VDT症候群の予防や対策には、厚生労働省が作成した「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」が役立ちます。このガイドラインには、仕事でパソコンなどを使う時だけでなく、日常生活の中でも役立つ対処法が載っています。以下に、その一部を紹介します。

対策1
パソコン作業などをするときは、1時間ごとに10分程度の休憩を取り、作業中もこまめに小休止を取って目を休ませる。遠くを見る。
対策2
作業を行う時は、椅子に深く腰掛け、背もたれに背中を十分にあてる。足裏全体が床に接するように椅子の高さを調節する。足回りには十分な広さを確保する。
対策3
机は、キーボードやマウスなど作業に必要なものが適切に配置できるよう、十分な広さがあるものにする。
対策4
ディスプレイと目の間に40 cm以上の距離を確保し、ディスプレイの上端が目の高さとほぼ同じかやや下になるように配置を調整する。
対策5
ディスプレイに直接光が入りこまないようにする。室内の照明を調整して、まぶしくない環境を整える。
対策6
換気したり温度や湿度を調整したりして、室内の乾燥を防ぐ。
対策7
まばたきを意識的に増やす。
対策8
睡眠を十分とる。
対策9
ストレッチを行う。

VDT症候群の症状は、仕事や生活の環境を変えない限り、自然に治ることはありません。VDT作業を日常的に行っている方は、上記の対処法を参考に、働き方や生活習慣を見直してみましょう。ただし、上記のような対策をしても症状がおさまらないときは、ほかの原因も考えられますので、眼科を受診してください。

視力低下が気になった時に行うこと

ここまで解説してきたように、視力低下はさまざまな原因によって起こります。原因によって対処法が異なるため、まずは視力が低下した原因と目の状態を把握することが大切です。
屈折異常や老眼の場合は、メガネやコンタクトレンズを使って視力を矯正する必要があります。遠近両用のコンタクトレンズもありますので、眼科で検査を受けた上で自分の目にあったものを処方してもらいましょう。
スマホ老眼やVDT症候群の場合は、生活や仕事の環境を見直すことが何より大切です。目薬を使うことで症状を緩和できる場合もありますが、目薬を選ぶ際は、眼科医や薬剤師と相談しましょう。
視力低下は、病気の一症状として現れることもあります。視力低下が起こる病気としては、白内障や糖尿病網膜症などを挙げることができますが、ほかにもさまざまな病気が視力の異常を引き起こす可能性があります。なかには、失明に至るような重篤な病気が隠れていることもありますので、メガネやコンタクトレンズをしても視力が改善しない場合や、視野が歪むなどの症状がある場合は、眼科を受診してください。

視力低下は、さまざまな原因によって起こります。放っておくと目だけではなく身体の他の部分にまで悪影響が及んでしまう場合もあります。また、重大な病気が原因となって視力低下が起きている可能性もあります。自己判断は危険ですので、視力に問題を感じている時には、一度眼科で検査を受けましょう。

参考文献・サイト

小野里規子 他. 神経眼科36(4) 397-403, 2019

MSDマニュアルプロフェッショナル版

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB

MSD家庭版

https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0

公益財団法人 日本眼科学会

https://www.nichigan.or.jp/

公益社団法人 日本眼科医会

https://www.gankaikai.or.jp/

小野里規子 他. 神経眼科36(4) 397-403, 2019

厚生労働省 職場の安全サイト

https://anzeninfo.mhlw.go.jp/yougo/yougo30_1.html

中央労働災害防止協会 安全衛生情報センター

VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン

http://www.jaish.gr.jp/horei/hor1-43/hor1-43-9-1-2.html

痛い目に、あう前に。眼科での定期検査で、
目のトラブルを早期発見。

® 登録商標 ©Johnson & Johnson K.K. 2021-2022
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーによって、日本国内向けに制作・運営されています。

 
url

pagename」のサイトに遷移します。

ご注意

このリンク先には、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケア カンパニーのプライバシーポリシーは適用されません。リンク先のウェブサイトにおける個人情報の取扱いについては、当社は責任を負いかねます。当該リンク先のプライバシーポリシーをお客様ご自身でご確認ください。続行する場合はOKを押してください。

OK
×