Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索

不正乱視とは?症状や見え方・矯正方法について

乱視にはさまざまな種類があることをご存知でしょうか?この記事では、乱視の種類のひとつ、不正乱視について解説します。

 

目次

1 不正乱視とは?

2 不正乱視の症状と仕組み

3 乱視の見え方

4 不正乱視の矯正方法

5 まとめ

 

不正乱視とは? 

そもそも乱視とは、角膜や水晶体のゆがみにより光の屈折が不均一になり、外から入ってきた光が1点で焦点を結ばなくなってしまう状態です。乱視は大きく分けて、正乱視、不正乱視の2種類があり、正乱視は角膜や水晶体が一方向にゆがんでいる状態で、不正乱視は一般的に角膜の表面が不規則にゆがんでいる状態となります。

 

不正乱視の症状と仕組み

不正乱視の場合、角膜の表面が不規則にゆがんだり、表面にデコボコができていたりするため、焦点が多数できてしまう状態となります。その結果、安定した見え方を得るのが難しくなります。

 

乱視の見え方

正視の人は、遠くの景色がはっきりと見ることができます。一方、乱視の人は、焦点が1点に結ばれないため、ぼやけたり二重に見えたりします。

 

たとえば、夜に月を見たときに、乱視が無い場合、ひとつの月がはっきり見えます。乱視の場合は、ゆがみの方向によって、縦にブレて見えたり、横にブレて見えたりします。

 

場合によっては、乱視以外の原因がある可能性もあるため、自己判断はせず、眼科で検査してもらいましょう。

 

不正乱視の矯正方法

正乱視は、ハードコンタクトレンズだけでなく、ソフトコンタクトレンズやメガネでも矯正可能です。しかし、角膜の表面がデコボコになっている不正乱視の場合、ソフトコンタクトレンズやメガネでは矯正できないため、ハードコンタクトレンズでの矯正が必要になります。

 

ハードコンタクトレンズは素材が硬く、角膜の形に沿って変形することはありません。そのため、レンズと角膜の間にある涙も、レンズとしての役割を果たします。これを涙液レンズ、と言います。この涙液レンズにより、角膜の不整な形状による不正乱視を矯正することができるのです。

ソフトコンタクトレンズでは不正乱視の矯正ができないのは、やわらかいために、涙液レンズがほとんど形成されないためです。

 

まとめ

不正乱視かな?と思ったら、適切な視力矯正を行うためにも、眼科を受診するようにしましょう。

 

 

関連記事

関連するアキュビュー® のコンタクトレンズ

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア

◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。
特にご注意いだきたいこと
●使用期間を超えることなく、定期的に新しいレンズと必ず交換してください(2週間交換タイプ)。
●使用済みレンズは再装着しないでください(1日使い捨てタイプ)。
●装用スケジュールおよび装用時間を正しく守ってください。
●定期検査は目に異常を感じなくても必ず受けてください。
●少しでも異常を感じたら、直ちにレンズをはずして眼科医の検査を受けてください。
●連続装用はできません。眠るときは必ずレンズをはずしてください。
●適切なレンズケアを行ってください(2週間交換タイプ)。

販売名:ワンデー アキュビュー モイスト 承認番号:21600BZY00408000

販売名:アキュビュー オアシス 承認番号:21800BZY10252000 ®登録商標

※ 装用感、見え方には個人差があります。