Skip to main content

近視とは?近視になるしくみについて

近視は、私たち現代人にとって身近な存在です。近視になると、近くは見えますが、遠くがぼやけて見えるようになります。そもそも近視とは何が原因なのでしょうか。この記事では、モノが見えるしくみについて簡単に触れ、どうして近視になるのかを解説します。

 

目次

1 モノが見えるしくみ

2 近視とは屈折異常の一種

 2.1 正視について

 2.2 近視の屈折異常のしくみ

3 まとめ

 

モノが見えるしくみ
私たちの目は、カメラとよく似た構造を持っています。カメラのレンズの部分が角膜と水晶体、フィルムに相当するのが網膜です。モノを見たときに、外から入ってきた光は、まず角膜を通過します。角膜には外から入ってきた光を屈折させる働きがあります。角膜を通過した光が次に到達するのが、後方にある水晶体です。角膜で屈折した光は水晶体でも屈折します。

水晶体を通過した光は網膜へ達します。網膜が受け取った光の刺激は、視神経を通って大脳へ伝えられ、そこで初めて「見える」という感覚を得られるのです。

 

近視とは屈折異常の一種
近視とは屈折異常の一種で、角膜や水晶体の屈折力が強すぎて網膜上で正しく焦点が結ばれないことをいいます。

 

正視について
遠くを見たときに、外から入ってきた光(平行光線)が角膜と水晶体で屈折し、網膜上ぴったり像を結んでいる状態を「正視」といいます。正視の人は、遠くは良く見え、近くは眼がピントを合わせることで見ることができます。屈折異常とは、正視以外の目の屈折状態のことをいいます。

 

近視の屈折異常のしくみ
近視の場合、目に入ってきた平行光線が網膜の前で焦点を結びます。そのため、近くはよく見えても、遠くはぼやけて見えるのです。近視には、角膜と水晶体の屈折力が強すぎることによって起こるタイプと、眼球の長さが通常よりも長くなることで起こるタイプがあります。

 

まとめ
近視は適正に矯正することが必要です。心当たりのある方は自己判断せず、必ず眼科医の診察を受けてください。