コンタクトレンズの買い方は?初めての時と2回目以降の購入手順を解説

コンタクトレンズの買い方は?初めての時と2回目以降の購入手順を解説

コンタクトレンズの買い方は?初めての時と2回目以降の購入手順を解説

初めてのコンタクトレンズ購入は、少しドキドキしますね。コンタクトレンズは、目の中に直接装用するものですので、「何だか怖い」、「眼科ではどんな検査をするの?」などと、さまざまな不安を感じるのは無理もないことです。ここでは、コンタクトレンズの購入手順と注意点を解説しますので、購入に不安を感じている方はぜひ参考にしてください。
作成日: 2022/12/14
更新日: 2022/12/26

memamori-icon-eye.png
目次

 
その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を使ってみませんか 詳しくはこちらその悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を使ってみませんか 詳しくはこちら

コンタクトレンズの買い方・店舗購入までの流れ

眼科で検査・処方を受ける

コンタクトレンズを初めて購入する場合は、購入の前にまず眼科を受診することが必要であることを心に留めておいてください。眼科では、基本的に次のような流れで検査を行います。

1 問診:受診の理由、コンタクトレンズの使用経験、要望などを聞かれます。

2 目の屈折状態の検査

  ・他覚的屈折検査:専用の検査機器を用いて近視、遠視、乱視などの度数を調べます。
  ・自覚的屈折検査:他覚的屈折検査の結果をもとに、視力表と検眼レンズを用いて視力を調べます。
  ・目の表面の形状(カーブ)の測定(角膜曲率測定):目の形状にあったコンタクトレンズ(ハードタイプ)のベースカーブを選ぶための検査です。

3 目の健康状態の診察:目がコンタクトレンズを使用しても問題ない状態であることを確認します。具体的には、目の表面に傷がないか、涙の状態などを調べます。さらに詳しい検査(眼底検査、眼圧検査など)を行う場合もあります。

4 トライアルレンズの装用・フィッティングの検査:自分の目に合うレンズを選びます。

5 コンタクトレンズの使い方の説明:つけ外し方法やケア方法、定期検査などについて説明を受けます。

これら一連の検査と説明にかかる時間は病院によって異なります。あらかじめどれくらい時間がかかるか知りたい場合は、事前に問い合わせておくと良いでしょう。なお、眼科受診の際は、健康保険証が必要です。

眼科医の処方をもとに店舗で購入する

眼科医に検査・処方をしてもらったら、いよいよ店舗でコンタクトレンズを購入します。眼科医からのコンタクトレンズ処方指示書(処方箋)に製品まで指定されています。購入に関してわからないことや不安なことがあれば、遠慮せずに相談しましょう。

通販で購入する場合

通販でコンタクトレンズを購入する場合も、最初に眼科医に検査をしてもらい、処方に基づいて購入手続きを進めることが大切です。2回目以降の場合でも、度数や目の状態に変化があるかもしれません。そのため、改めて眼科で検査をし、目の状態にあった処方をし直してもらってから購入するようにしましょう。

通販の場合には、実際の製品を購入前に手元で確認することができないため、届いたらすぐにパッケージに破損がないか、処方と違っていないかなどを確認しましょう。

定期検査を受ける

実際にコンタクトレンズを使ってみて問題がないか、コンタクトレンズが目にあっているかを眼科で定期的に検査を受けます。目に何も違和感がなかったとしても、気が付かないうちにキズがついていることや、何らかの症状があらわれている場合があります。また、目は年齢によっても見え方が変わっていきます。常に目にあったコンタクトレンズを装用するためにも、3か月に1度程度は定期検診を受けるようにしましょう。

2回目以降のコンタクトレンズ購入方法

初回購入時と同様、2回目以降の購入の際にも、眼科を受診して検査・診察を受けることが重要です。その理由は、次の購入タイミングまでに目の状態が変化している可能性があるからです。前回購入時と比べて近視・遠視・乱視などが進み、必要な矯正度数が変わっていたら、コンタクトレンズの度数を変える必要が出てきます。また、コンタクトレンズを使用している間に目に傷がつくなど、気づかないうちに目のトラブルを抱えていることもあります。このようなトラブルに早めに気づくために、初回購入時だけでなく、2回目以降の購入の際にも、眼科で目の状態を確認してもらいましょう。

購入2回目以降の場合も、眼科で行う検査や診察の内容は、初回の場合とほぼ同じです。以下に基本的な流れを示します。

1.問診:受診の理由、コンタクトレンズ使用中に発生した問題やトラブル、要望などを聞かれます。

2.目の屈折状態の検査:前回の結果と比較して、度数を修正する必要があるか調べます。

3.目の健康状態の診察:初回時と同様、さまざまな病気の有無を調べ、目がコンタクトレンズを使用しても問題ない状態であることを確認します。

4.トライアルレンズの装用・フィッティングの検査:基本的に、度数やレンズの種類に変更があった場合にのみ行います。

5.コンタクトレンズの使い方の説明(レンズの種類に変更があった場合のみ)

レンズの種類に変更がない場合、トライアル、使用方法の説明は省かれますので、初回購入時よりも受診時間は短くなります。ただし、コンタクトレンズの種類等を変更する場合には、トライアルやフィッティングを再度行い、必要に応じて使用方法やケア方法に関する説明を受ける場合があります。例えば、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズでは、つけ外し方法やケア方法などが違うため、しっかりと教わっておきましょう。そのほかにも、遠近両用レンズに変更した場合や、カラーコンタクトレンズを使用する場合にも気をつけるべきポイントがありますので、しっかりと説明を聞いてください。なお、眼科を受診する際には、初回と同様、健康保険証が必要です。
購入する際は、1回目と同様、眼科で受け取ったコンタクトレンズ処方指示書(または処方箋)を持って販売店などに行きます。
コンタクトレンズを購入する際には、「購入と眼科受診はセット」であると考えましょう。目の健康を維持しながらコンタクトレンズを長く使い続けるには、定期的に目の状態をチェックしてもらうことが大切なのです。

ネット通販でコンタクトレンズの購入について

「そもそも眼科に行くのは面倒くさいし、時間がない」、「ネット通販でコンタクトレンズが購入できれば、気楽だし簡単だ」と思う人も多いでしょう。しかし、コンタクトレンズは目に直接装用する医療機器ですので、常に目の健康をチェックしながら、安全な方法で取り扱わなければなりません。検査や診察を受けずにコンタクトレンズの使用を続けていると、気づかないうちに度数が合わなくなっていたり、目のトラブルが進行してしまったりすることもあります。ネット通販を利用する場合でも、購入前には必ず眼科で検査を受け、その後も定期的に目の状態をチェックしてもらいましょう。

まとめ

コンタクトレンズの買い方は決して難しくありません。わからないことがあっても、眼科で丁寧に教えてくれます。購入する前に、あなたの目の状態がコンタクトレンズに適しているかどうかを確認することが必要です。まずは、眼科医の診断を受けましょう。

参考サイト

瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら

コンタクトレンズを探す

ワンデーアキュビューオアシス

アキュビューオアシス

ワンデーアキュビューオアシス乱視用

 

コンタクトレンズを探す

 

1日使い捨てコンタクトレンズ

お手入れ方法
1日使い捨てのコンタクトは毎朝新しいレンズを使い、夜にはそのレンズは捨ててしまいます。よって、レンズケア商品を購入する必要はありません。

ライフスタイル
1日使い捨てのレンズはお手入れが簡単で扱いやすく、はじめてコンタクトをお使いになる方や、活発なライフスタイルをお過ごしの方におすすめです。

2週間交換コンタクトレンズ

お手入れ方法
毎日のシンプルなレンズケアで、安全に、そして清潔にご使用いただけます。夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

ライフスタイル
こちらのコンタクトは開封してから2週間お使いいただけます。安全に、そして清潔にお使いいただくために、毎日のシンプルなレンズケア(洗浄・消毒)を行い、夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。