Skip to main content

遠近両用コンタクトレンズとは? 見え方のメカニズム

小さな文字が読みづらかったり、遠くから近くに視線を動かしたときにピントを合わせるのに時間がかかったりしたことはありませんか。もしかしたら老眼の始まりかもしれません。老眼は老眼鏡のほかに、遠近両用コンタクトレンズで矯正が可能です。今回は、遠近両用コンタクトレンズの特徴について解説します。

目次

1 遠近両用コンタクトレンズとは?

2 遠近両用コンタクトレンズの見え方の仕組み

3 乱視でも遠近両用コンタクトレンズは使える?

4 まとめ

遠近両用コンタクトレンズとは?

老眼になったらコンタクトレンズは使えない…。そう思っている人は意外と多いかもしれません。しかし、加齢とともに変化する目のためのコンタクトレンズもあります。それが、遠近両用コンタクトレンズです。

 

年齢を重ねるとともに、目のピント調節機能が低下して、一般的には近くが見えづらくなります(※1)遠近両用コンタクトレンズを装用することで、見えづらさが改善され、近くも遠くも見えるようになります。

 

 

遠近両用コンタクトレンズの見え方の仕組み

アキュビュー® の遠近両用コンタクトレンズは、1枚のレンズに、中心部には近くを見るための度数、外側には遠くを見るための度数が配置されています。そのため、目線をずらすことなく近くのものも遠くのものも自然に見ることができます(※2)

 

 

乱視でも遠近両用コンタクトレンズは使える?

実は、乱視が全くない人のほうが少ないくらいですので、乱視の程度によっては、遠近両用コンタクトレンズで矯正ができます。しかし、乱視の程度によっては、矯正が難しい場合があるので、眼科医にご相談ください。

 

 

まとめ

遠近両用コンタクトレンズにはさまざまな種類があり、製品によっても、人によっても見え方が異なります。強度の屈折異常では、遠近両用コンタクトレンズが使えない場合があります。眼科を受診して、目にあったコンタクトレンズを処方してもらいましょう。

 

※1 屈折度数により異なります。

※2 見え方には個人差があります。