Skip to main content

購入に関するよくある疑問 コンタクトレンズの作り方(買い方)!未成年でもOK?

「コンタクトレンズを使い始めたいけれど、どうやって購入したらいいの?」そんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。ここでは、コンタクトレンズの作り方(買い方)に関するよくある疑問について、Q&A形式で回答します。

 

目次

1 Q初めてコンタクトレンズを作るときはどうしたらいい?

2 Qコンタクトレンズを作るのは未成年でもOK?

3 Q持っているメガネと同じ度数で作るのは可能?

4 Q2回目以降のコンタクトレンズの作り方は?

5 まとめ

 

Q初めてコンタクトレンズを作るときはどうしたらいい?

初めてコンタクトレンズを作るときには、まず眼科へ行って目の検査を受けましょう。受診する際は、保険証を持参しましょう。

 

眼科では、視力や度数を調べる検査に加えて、目の状態がコンタクトレンズの装用に適しているかどうかを調べます。

 

検査で問題がなければ、実際にコンタクトレンズを装用して、度数や目との相性があっているかをチェックします。装用テストの結果を踏まえて、目の健康状態や使用目的に合ったコンタクトレンズが処方されます。

 

初めてコンタクトレンズを作る人には、つけはずしの仕方やケア方法の指導も行いますので安心してください。

 

Qコンタクトレンズを作るのは未成年でもOK?

未成年でもコンタクトレンズを使用している人はいます。年齢よりもむしろ自覚を持って正しく使えるかどうかが重要です。最終的な判断は医療機関に委ねられますので、まずは眼科医に相談しましょう。

 

Q持っているメガネと同じ度数で作るのは可能?

コンタクトレンズとメガネの度数は同じとは限りません。コンタクトレンズはメガネよりも目に密着しているため、見え方が変わってくるからです。眼科医の処方に基づき、自分の目にあうものを装用しましょう。

 

Q2回目以降のコンタクトレンズの作り方は?

目の状態によっては、度数やレンズの種類を変えたほうが良い場合があるため、2回目以降も、コンタクトレンズを購入する際は、眼科を受診することをおすすめします。

 

まとめ

初めてコンタクトレンズを作る際には、眼科医による検査と処方を受ける必要があります。事前に、コンタクトレンズの作り方の流れを知っておくと安心です。自分の目にあうコンタクトレンズを手に入れて、快適な生活を送りましょう。