Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索

近視性乱視とは?コンタクトレンズでの矯正方法について

近視、遠視、乱視などの屈折異常は、複数の要素が組み合わさって見えづらくなっていることもあります。その一つが「近視性乱視」です。この記事では近視性乱視とはどんな状態なのか、どんなしくみで起こるのか、またどんな方法で矯正すればいいのかについて解説します。

 

目次

1 近視性乱視とは?

2 近視と乱視、両方の矯正が必要?

3 近視性乱視をコンタクトレンズで矯正する

4 まとめ

 

近視性乱視とは?

「近視性乱視」とは、遠くのものがぼやけて見える近視と、ものがブレたり二重に見えたりする乱視が組み合わさった状態のことです。「近視と乱視が同時に起こることがあるの?」と驚く方もいるかもしれませんが、近視と乱視を同時に持っている人のほうが実は多いのです。

 

近視とは、目に入った光の焦点が網膜よりも前で結ばれてしまう状態です。網膜よりも手前で焦点が結ばれてしまう理由は、目に取り込んだ光を屈折させる角膜や水晶体の屈折力が強すぎることや、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が長すぎることが理由とされています。

 

これに対して乱視とは、主に角膜や水晶体がゆがんでいるせいで焦点を1ヶ所に集めることができない状態です。どのようにゆがんでいるかによって、二重に見える方向は縦、横、斜めと異なります。人間の目は機械の部品ではないので、全くゆがみのない、つまり、乱視のない人はむしろ少ないのです。

このように、近視と乱視が組み合わさっているのが近視性乱視です。

 

近視と乱視、両方の矯正が必要?

多くの方が、近視だけではなく乱視も持っています。しかし、だからといってすべての近視性乱視の人が近視も乱視も矯正しなくてはいけないわけではありません。近視も乱視も、程度によっては見え方に影響しない場合もあるため、近視性乱視であっても矯正が必要なのは近視だけ、ということもあり得ます。もちろん、近視と乱視、両方の矯正が必要な場合もありますので、眼科医に相談しましょう。

 

近視性乱視をコンタクトレンズで矯正する 

近視性乱視はコンタクトレンズで矯正可能です。乱視の程度が軽く、近視の矯正だけが必要な方はもちろん、近視も乱視も矯正が必要な近視性乱視の方は、乱視矯正用の製品で矯正することができます。乱視矯正用のコンタクトレンズには、乱視を矯正する「乱視度数(C・CY・CYL)」や「乱視軸(AX・AXIS)」のほか、近視や遠視を矯正する「レンズ度数(D・PWR・Pなど)」も設定されています。

 

まとめ

目が悪い、というと、近視を連想される方もいらっしゃると思いますが、実は乱視も一緒にある、近視性乱視が多いのです。近視、乱視、それぞれに関して矯正が必要かどうかは眼科医に相談しましょう。

 

関連記事

関連するアキュビュー® のコンタクトレンズ

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア

◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。
特にご注意いだきたいこと
●使用期間を超えることなく、定期的に新しいレンズと必ず交換してください(2週間交換タイプ)。
●使用済みレンズは再装着しないでください(1日使い捨てタイプ)。
●装用スケジュールおよび装用時間を正しく守ってください。
●定期検査は目に異常を感じなくても必ず受けてください。
●少しでも異常を感じたら、直ちにレンズをはずして眼科医の検査を受けてください。
●連続装用はできません。眠るときは必ずレンズをはずしてください。
●適切なレンズケアを行ってください(2週間交換タイプ)。

販売名:ワンデー アキュビュー モイスト 承認番号:21600BZY00408000

販売名:アキュビュー オアシス 承認番号:21800BZY10252000 ®登録商標

※ 装用感、見え方には個人差があります。