コンタクトレンズが入らない!つけ方のコツとは?手順を詳しく解説

その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を使ってみませんか 詳しくはこちらその悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を使ってみませんか 詳しくはこちら

コンタクトレンズがうまく入らなくて困ったことはありませんか?コンタクトレンズを初めて購入する時にコンタクトレンズのつけ方は習ったけど、家で実際にコンタクトレンズを入れてみようと思うとなかなか上手につけられない…と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。目の中にレンズを入れるので、最初は少し怖く感じるかもしれませんが、コツさえつかめばスムーズにつけられるようになります。この記事では、コンタクトレンズがうまく入らない理由や入れる前のチェック項目、つける時のコツについて解説します。

コンタクトレンズがうまく入らない理由

コンタクトレンズがうまく入らない理由として、代表的なものをご紹介します。

目をしっかり開けていない

コンタクトレンズを入れるときに、自分ではきちんと目を開けているつもりでも、実際は不十分な場合があります。目が半開きの状態では、まぶたやまつげにレンズが引っかかってしまうため、どうしても入りにくくなってしまいます。

まばたきをしてしまう

コンタクトレンズを入れるときにまばたきをしてしまうと、レンズが入りにくくなります。コンタクトレンズに慣れていないうちは、「痛いんじゃないか」といった不安から、無意識にまばたきをしてしまうことがあるようです。

レンズと目の間に空気が入っている

コンタクトレンズと目の間に空気が入っていると、レンズが浮いてはずれてしまったり、異物感が残ったりする場合があります。

指先が濡れている

コンタクトレンズは濡れているものにつきやすいため、指先が濡れているとレンズが指にくっついて、目に入れづらくなってしまいます。

コンタクトレンズを入れる前のチェック項目

手を洗う

コンタクトレンズを扱う前に必ずせっけんで手を洗いましょう。手には汚れや菌がついているので、これらがコンタクトレンズに付着して目の中に入ってしまうと、さまざまな目のトラブルを引き起こす可能性があります。また、レンズや目を傷つける恐れがあるので、爪は短く切っておきましょう。

鏡の位置と顔の向きを調整する

鏡の位置が目線より高すぎても低すぎてもコンタクトレンズは入れにくいです。鏡の位置が目と同じ高さになるように調整しましょう。また、鏡に対して顔が正面を向くようにし、黒目が目の真ん中にある状態でレンズを入れましょう。

レンズの左右を確認する

レンズの度数などが左右の目で異なっている人は、入れる前に左目用か右目用かを必ず確認しましょう。左右を逆に入れてしまうと、見えづらくて目が疲れることがあります。

レンズの表裏を確認する

レンズには表裏があります。ソフトコンタクトレンズは柔らかい素材でできているため、輸送中や保管中などに表裏が反転することがあります。裏返しの状態で装用すると、目の中でレンズがずれたり、物が見えにくくなったりしますので、注意してください。
レンズを指のさきにのせて横から見たとき、表裏が正しい向きであれば、レンズはきれいなおわん型に見えます。一方、裏返しになっている場合は、レンズのフチが反り返っているように見えます。

*製品によっては、レンズの表裏が分かるようにマークが記されているものもあります。

レンズに異常がないか確認する

レンズに変形や変色、汚れ、破損、キズなどがないか確認しましょう。目を傷つける恐れがあるため、異常のあるレンズは絶対に使用しないでください。

レンズの向きを確認する

乱視用のソフトコンタクトレンズには、レンズに「ガイドマーク」が入っている場合があります。このガイドマークは、装用後すぐにレンズが正しい向きで安定するようにつけられているものです。ガイドマークがあるレンズの場合は、このマークが決められた向きになるように装用してください。なお、アキュビューの乱視製品は、まばたきで正しい向きに安定するため、装用時のガイドマークの確認は必要ありません。

コンタクトレンズをつける時のコツ

・ソフトコンタクトレンズの場合

視界を確保する

慣れない頃はコンタクトレンズをつけない方の目をつむったり、細めたりしがちです。コンタクトレンズをつける時は、両目でしっかりと鏡を見るようにすると、簡単にレンズをつけられるようになります。

眼を大きく開く

レンズをのせている手の中指で下まぶたを下に引っ張り、もう片方の手の人差し指で上まぶたを引き上げ、まばたきをしないように目を大きく開きます。
あるいは、レンズをのせていない方の手の指を2本使って目を開いても構いません。

レンズを黒目にのせる

目を大きく開いた状態で、指にのせたレンズを黒目の上にゆっくりのせます。このとき、レンズやレンズをのせた指先を見ると、まぶたが閉じたり、まばたきをしたりしてしまう場合があるので、鏡に映っている目を真っすぐに見続けてください。
レンズ全体が黒目にのったら指を離しましょう。つけた直後はレンズと目の間に空気が入っている場合があるので、ゆっくりまばたきをし、レンズを瞳になじませましょう。レンズが黒目の上で安定し、正しく装用できていることを確認します。

・ハードコンタクトレンズの場合

ハードコンタクトレンズの入れ方もソフトコンタクトレンズと基本的には同じです。ハードコンタクトレンズは、水分をあまり含まない硬い素材でできているので、レンズが裏返しの状態になることはありません。また、レンズが黒目よりも小さいので、ソフトコンタクトレンズのときのように目を大きく開けなくても入りやすいのが特徴です。しかし、レンズがずれやすいので、黒目にレンズをのせた後、目を強く閉じないよう気をつけましょう。

まとめ

コツをつかめば、コンタクトレンズを入れるのは難しくありません。最初のうちはコンタクトレンズがうまく入らなくて苦戦していても、回数を重ねるごとに誰でもスムーズに装用できるようになります。焦らずゆっくり慣れていきましょう。

瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら

関連記事

コンタクトレンズの使用方法

コンタクトレンズを安心して快適にご使用いただくための情報をご紹介します。

コンタクトレンズの使い方

製品を正しく装用する上で知っていただきたい情報を詳しく解説しています。

コンタクトレンズの装用方法とはずし方

コンタクトレンズの正しい装用の方法と、はずし方について詳しく解説しています。

はじめてのコンタクトレンズガイド 調光機能を知る 購入方法を知る

コンタクトレンズを探す

1日使い捨てコンタクトレンズ

お手入れ方法
1日使い捨てのコンタクトは毎朝新しいレンズを使い、夜にはそのレンズは捨ててしまいます。よって、レンズケア商品を購入する必要はありません。

ライフスタイル
1日使い捨てのレンズはお手入れが簡単で扱いやすく、はじめてコンタクトをお使いになる方や、活発なライフスタイルをお過ごしの方におすすめです。

2週間交換コンタクトレンズ

お手入れ方法
毎日のシンプルなレンズケアで、安全に、そして清潔にご使用いただけます。夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

ライフスタイル
こちらのコンタクトは開封してから2週間お使いいただけます。安全に、そして清潔にお使いいただくために、毎日のシンプルなレンズケア(洗浄・消毒)を行い、夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア