Skip to main content

にじんで見えるのは乱視かも? 乱視の仕組みや矯正方法について

「近くも遠くもはっきり見えない…」「モノがぶれて見える…」。その症状は乱視かもしれません。乱視は、近視や遠視と同じように屈折異常の一つですが、なぜ乱視が起きているか、どうやって矯正すればいいのか知っていますか?この記事では、乱視が起きる仕組み、近視との違い、矯正方法について解説します。

 

 

目次

1 そもそも乱視とは

 1.1 乱視と近視の違いは?

 1.2 乱視の仕組み

2 乱視の矯正方法

 2.1 メガネ

 2.2 コンタクトレンズ

3 まとめ

 

 

そもそも乱視とは

乱視と近視の違いは?

近視の場合、近くのモノははっきり見えますが、遠くのモノはぼやけて見えます。これに対して乱視の場合、近くも遠くもぼやけて見えます。

 

 

乱視のしくみ

乱視はどのような仕組みで起きているのでしょうか?

 

まず、人間がモノを見る仕組みをカメラに例えて説明しましょう。角膜と水晶体はレンズに相当し、光を曲げるという作用をもっています。そしてフィルムに相当するのが光を感知する「網膜」で、網膜上に焦点を結ぶことでモノをはっきりと見ることができます。これが正常な見え方です。

 

しかし、乱視の場合、焦点が網膜上の1ヶ所に集まりません。その結果、にじんだように見えたり、二重、三重に見えたりする症状が出ます。一方、近視で遠くがぼやけてしまうのは、遠くのモノを見るときに網膜に到達する手前で焦点を結んでいるからです。

 

 

乱視の矯正方法

メガネでもコンタクトレンズでも、乱視の矯正には、カーブの形状が特殊な作りになっていて、網膜で焦点を結ぶように矯正する「円柱レンズ」を使用します。

 

 

メガネ

メガネには、細かく乱視を矯正することができるという利点があります。角膜の病気や結膜炎がある場合、コンタクトレンズは装用できませんが、メガネであれば装用できます。

 

 

コンタクトレンズ

眼の直上にレンズを置くコンタクトレンズは、円柱レンズによる独特のみえにくさが生じにくいという利点があります。乱視というとハードコンタクトレンズを連想する方もいらっしゃるかもしれませんが、全ての乱視がハードコンタクトレンズで矯正できるわけではありませんので、眼科医に相談するようにしましょう。ソフトコンタクトレンズでも、乱視矯正用の製品があります。

 

 

まとめ

自分の目の状態にあった矯正を行うため、乱視の矯正は眼科医の指示に従って正しく行いましょう。