Skip to main content

コンタクトレンズの BC(ベースカーブ)とは?

コンタクトレンズにはBC(ベースカーブ)という規格があります。聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、ソフトコンタクトレンズのBCついてご紹介します。

 

 

目次

1 BCとは何か?

2 BCとコンタクトレンズの関係

3 おわりに

4 【参考】製品別BC一覧表

 

 

BCとは何か?

BCとはレンズの内側の湾曲(カーブ)の度合いを数値化したもので、mm(ミリ)単位で表示されます。また、眼球は球体になっていて、人によって角膜の湾曲の度合いが異なります。この角膜の湾曲の度合いを示すものが、角膜曲率半径です。

BCと角膜曲率半径はどちらも、数値が大きいほどカーブがゆるく、反対に小さいほどカーブがきつくなっています。

 

cid:image002.jpg@01D4CD34.0DD9FB90

 

 

BCとコンタクトレンズの関係

ハードコンタクトレンズの場合、角膜曲率半径とBCは強い関連があるので、一製品に、実に多くのBCが存在します。

一方、ソフトコンタクトレンズは柔らかく黒目を覆うこともあり、角膜曲率半径との関連が弱いため、一製品あたりBCの規格は1つか2つしかありません。ソフトコンタクトレンズの場合、レンズの素材や厚み、デザインなど様々な要素が影響するため、たとえ同じBCであっても製品が異なれば、目との相性も変わってしまいます。

 

 

おわりに

コンタクトレンズはBCのみならず様々な要素を総合的に判断して処方されています。また、生活環境や年齢によって相性の良いコンタクトレンズも変わってきます。定期的に眼科で検査をするのはもちろん、違和感や不快感を感じる場合は、迷わず眼科医に相談しましょう。