Skip to main content

ベースカーブ(BC)とは? 自分に合ったコンタクトレンズとは?

洋服や靴のサイズが人それぞれであるように、角膜の曲がり具合(カーブ)も人によって異なります。ここでは、ベースカーブ(BC)と自分に合ったコンタクトレンズについてお伝えします。

 

 

目次

1 コンタクトレンズのベースカーブ(BC)とは?

2 ベースカーブ(BC)の見方

3 自分に合ったコンタクトレンズとは?

4 まとめ

 

 

コンタクトレンズのベースカーブ(BC)とは?

コンタクトレンズは直接目にのせて使うものです。そのため、眼球の形状に合わせて、丸みを帯びた形になっています。このコンタクトレンズのカーブを数値化したものが、ベースカーブ(BC)と呼ばれるものです。目の形は人それぞれです。

 

 

ベースカーブ(BC)の見方

ベースカーブ(BC)の単位はミリで表され、数値が大きいほどカーブがゆるくなります。たとえば、BC9.0とBC8.5では、値が小さいBC8.5のほうがレンズのカーブがきついことを意味しています。

 

ソフトコンタクトレンズは柔らかい素材が使用されており、目に密着しやすいため、少ないベースカーブ(BC)で多様な目の形に対応することが可能です。一方でハードコンタクトレンズは硬い素材で作られているため、目の形の多様性を反映してベースカーブ(BC)の種類が豊富に用意されています。

 

 

自分に合ったコンタクトレンズとは?

眼科では、目の状態にあったコンタクトレンズを処方してくれます。コンタクトレンズを購入する際は眼科を受診して、自分に合ったコンタクトレンズを処方してもらいましょう。

 

まとめ

コンタクトレンズは直接目にのせて使うものです。眼科で検査を受けて、自分の目にあうコンタクトレンズを処方してもらいましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア