Skip to main content

近視・遠視・乱視・老眼の違いとは

「最近近くのモノが見えづらくなった」「子どもが遠くを見るときに目を細めている」などに気付いたことはありませんか?これらは、近視や遠視、乱視、老眼の影響による場合があります。ではそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。簡単にご説明します。

 

目次

1 近視、遠視とは

2 乱視とは

3 老眼とは

4 まとめ

 

近視、遠視とは

「近視」とは、眼に入ってきた平行光線が、網膜より前で焦点を結んでいる状態のことです。そのため近くのモノははっきりと見える一方、遠くのモノはぼやけて見えます。眼球の長さである「眼軸」の長さが正常よりも長い、または水晶体や角膜の屈折力が強いことが原因と考えられます。

 

逆に「遠視」は、眼に入ってきた平行光線が、網膜より後ろで焦点を結んでいる状態のことです。「遠視は遠くがよく見える」と思っている方も多いようですが、実際は遠くのモノも近くのモノも見えづらく、常に調節が必要なため疲れやすいといわれています。

眼軸の長さが正常よりも短い、または水晶体や角膜の屈折力が弱いために起こると考えられます。

 

近視は凹レンズ、遠視は凸レンズのメガネやコンタクトレンズを使い、矯正します。

 

乱視とは

乱視とは角膜や水晶体のゆがみのために、目に入ってきた光が網膜でピントがあわなくなってしまう状態のことです。角膜または水晶体がラグビーボールのようになってしまっているため、光の屈折力に差が生じ、ピントが一ヶ所であわなくなってしまい、像がぼやけたり、二重に見えたりすることがあります。

 

乱視は円柱レンズのメガネやコンタクトレンズを使い、矯正します。

 

老眼とは

老眼とは加齢により目のピント調節機能が衰え、手元のモノが見えにくくなる状態のことです。老視ともよばれます。

 

私たちの目は、水晶体の厚みを変えることでピントを調節しています。ところが年齢を重ねると水晶体が硬くなり調節力が低下し、近くのモノを見る際に水晶体を厚くできず、ピントがあいにくくなってしまうのです。

そのため、近視や遠視、乱視が「屈折異常」であるのに対し、老眼(老視)は「調節異常」に分類されています。

 

まとめ

近視や遠視、乱視、老眼と様々ありますが、目が見えにくい状態のまま無理をして生活をしていると不便ですし、もしかしたら目の病気に気づいていないだけかもしれません。

「以前と比べて近くのモノが見えにくくなった」など、見え方の変化に気づいた場合には、まずは眼科で診察を受けるようにしましょう。矯正が必要となった場合は、眼科医の処方に従い、自分の目に合ったメガネやコンタクトレンズを使用するようにしましょう。