Skip to main content

コンタクトレンズの 種類と違いについて

コンタクトレンズにはさまざまな種類があり、大きくは「ソフトコンタクトレンズ」と「ハードコンタクトレンズ」に分けられます。そして、さらにソフトコンタクトレンズには「1日使い捨てタイプ」「頻回・定期交換タイプ」などがあります。この記事ではそれぞれのコンタクトレンズの種類や特徴、違いを解説します。

 

 

目次

1 コンタクトレンズの素材による違い

 1.1 ソフトコンタクトレンズ

 1.2 ハードコンタクトレンズ

2 ソフトコンタクトレンズの使用期間による違い

 2.1 1日使い捨てタイプ

 2.2 頻回・定期交換タイプ

3 おわりに

 

 

コンタクトレンズの素材による違い

ソフトコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズは、水分を多く含んだ柔らかい素材でできています。比較的装用した時の違和感が少ないので、コンタクトレンズを初めて使用する人はソフトコンタクトレンズの方が使いやすいかもしれません。また、ハードコンタクトレンズよりもずれにくいとされ、スポーツをする時などに向いているといえます。

 

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは水分を含まないかたい素材でできています。慣れるのに少し時間がかかる場合がありますが、乱視の程度によっては、ハードコンタクトレンズを使用しなければ矯正できない場合があります。

 

また、ソフトコンタクトレンズには1日使い捨てタイプなどの使い捨てタイプがありますが、ハードコンタクトレンズは1枚のレンズの寿命が2~3年程度(個人差があります)と比較的長いことが特徴です。

 

 

ソフトコンタクトレンズの使用期間による違い

1日使い捨てタイプ

1日使い捨てタイプのコンタクトレンズは、使用期間が1日のみのコンタクトレンズであり、一度はずしたら再装用はしないでください。毎回新しいレンズを装用するため、手間をかけず衛生的に使用できることが特徴です。

 

頻回・定期交換タイプ

2週間など、決められた使用期間内で使用するタイプのコンタクトレンズです。1日使い捨てタイプのコンタクトレンズと異なり、使用期間内であればレンズを新しく交換せず、ケアをしながら繰り返し使用することができます。

 

しかし、「使用期間は開封した日から数える」という点に注意が必要です。例えば2週間タイプのレンズを開封し2週間経過したら、1回しか装用していなくても、必ずレンズを捨て、新しいものを使用する必要があります。

 

 

おわりに

この記事では、コンタクトレンズの種類と違いについて解説しました。ただし、コンタクトレンズは、目の状態やライフスタイル、使用頻度などに合わせて、適切なタイプのものを使用する必要があるため、どのコンタクトレンズが自分に合っているかは自己判断せず、眼科医に相談しましょう。