Skip to main content

サイト内検索

サイト内検索

コンタクトレンズを処方してもらう際にお試しはできる?

コンタクトレンズを処方してもらう際に、製品ごとの装用感が気になりいろいろ試してみたいと思ったことがありませんか?多くの眼科では、コンタクトレンズを処方する際に、検査用のコンタクトレンズを使って装用感を確認します。この記事では、眼科での検査用コンタクトレンズについて解説します。

 

目次

1 検査用コンタクトレンズのお試しで見え方を確認する

2 検査用コンタクトレンズのお試しで装用感を確認する

3 まとめ

 

検査用コンタクトレンズのお試しで見え方を確認する

眼科では検査用コンタクトレンズを装用して、見え方を確認し、必要に応じて調整をしてもらえます。例えば、遠近両用コンタクトレンズの場合は、手元を見たり、遠くを見たりして見え方を確認します。

 

検査用のコンタクトレンズで装用感を確認する

眼科では、検査用コンタクトレンズを装用し、装用感を確認します。装用感がいいなと思っても、目の上でのコンタクトレンズの動きが不十分な場合もあるので、眼科医の確認を受けましょう。

 

まとめ

眼科にて、検査用コンタクトレンズを装用しても見えづらい、装用感が悪いと感じた場合は、度数を変更したり、別の種類のレンズを処方してもらえます。

何種類かの検査用コンタクトレンズをお試し装用して、自分にあったコンタクトレンズが見つかれば、快適なコンタクトレンズ生活が期待できるのではないでしょうか。コンタクトレンズ購入後の定期検診も必ず受けるようにしてください