Skip to main content

近視・遠視・乱視向けの コンタクトレンズのご紹介

コンタクトレンズとは、近視遠視乱視といった屈折異常を矯正する医療機器です。目の状態にあったコンタクトレンズを装用することで、自然で快適な見え方が実現します。ここでは、近視遠視乱視それぞれの状態と、コンタクトレンズの種類について、ご紹介します。

 

 

目次

1 近視の症状と近視コンタクトレンズについて

2 遠視の症状と遠視コンタクトレンズについて

3 乱視の症状と乱視コンタクトレンズについて

4 まとめ

 

 

近視の症状と近視コンタクトレンズについて

近視とは、遠くから入ってきた光の焦点が、網膜よりも手前で結ばれる状態です。近視になる理由としては、角膜や水晶体の屈折力が強いことや、眼軸(目の奥行き)が長いことが考えられます。近くは比較的よく見えますが、遠くはぼやけて見えるのが特徴です。

 

近視を補正する際に用いられるコンタクトレンズの1つに、単焦点の球面レンズがあります。単焦点レンズとは、文字通り、焦点を1つに結ぶレンズのことです。それに対して、遠近両用など、1枚のレンズに異なる屈折力をもつレンズを多焦点レンズといいます。

 

球面レンズは、前面及び後面が球面形状のレンズです。近視の場合は、周辺部分が中央部分よりも厚い凹レンズで矯正します。凹レンズには光を拡散する働きがあるため、適切な度数の凹レンズで補正することで、網膜上に焦点が結ばれて、遠くのモノもよく見えるようになります。

 

 

遠視の症状と遠視コンタクトレンズについて

遠視とは、入ってきた光が網膜より後ろに焦点を結んでしまう状態で、遠くも近くもはっきり見えません。角膜や水晶体の屈折力が弱かったり、眼軸が短かったりすることによって起こります。

 

遠視を補正する際に用いられるコンタクトレンズ近視と同じ単焦点の球面レンズを用います。ただし遠視の場合は、凸レンズを使用します。凸レンズは近視とは逆に、中央部分が周辺部分より厚いレンズです。

 

凸レンズには光を収束する働きがあるため、適切な度数の凸レンズを使用すると、焦点が網膜上に移動し、見えやすくなります。

 

 

乱視の症状と乱視コンタクトレンズについて

乱視とは、近視遠視と違って、角膜や水晶体のゆがみにより生じるものです。これらのゆがみにより、乱視の目では焦点が一点に定まらなくなり、遠くのモノも近くのモノも、ぼやけたり、二重になったりして見えます。

 

乱視の矯正では円柱レンズが用いられます。特定の方向の光を収束もしくは拡散させる働きがあり、一定方向の屈折力だけを変えることができます。

 

したがって、乱視の方向と円柱レンズの向きを合わせることで、乱視を矯正することができるのです。

 

 

まとめ

屈折異常をきちんと矯正しないでいると、日常生活が不便ですよね。目の状態は変化するので、定期的に眼科で目の検査を受けて、自分の目にあったコンタクトレンズを装用しましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア