Skip to main content

サイト内検索

サイト内検索

乱視の種類や症状について

モノを見る時に、二重に見えていたり、ぼやけて映っていることはありませんか?

それは、もしかしたら「乱視」かもしれません。この記事では乱視種類と症状について詳しく解説します。

 

 

目次

1 乱視種類について

 1.1 正乱視

 1.2 不正乱視

2 乱視用のコンタクトレンズ

3 おわりに

 

 

乱視種類について

乱視は大きく「正乱視」「不正乱視」の2種類に分けられます。

正乱視

「正乱視」は角膜や水晶体が一定方向にゆがんでしまっている状態のことです。正乱視は、そのゆがみの角度や方向によって、「直乱視」「倒乱視」「斜乱視」の3つに分類されます。

 

乱視は、縦方向にゆがんで見える乱視のことをいいます。乱視表をみたときに、縦のラインが濃く見えて、それ以外がぼやけて見えた方は直乱視の可能性があります。

乱視は、横方向にゆがんで見える乱視のことをいいます。乱視表をみたときに、横のラインが濃く見えて、それ以外がぼやけて見えた方は倒乱視の可能性があります。

 

乱視は、斜め方向にゆがんで見える乱視のことをいいます。乱視表をみたときに、斜めのラインが濃く見えて、それ以外がぼやけて見えた方は斜乱視の可能性があります。

乱視表の見え方で自己判断はせず、必ず眼科医の診断を受けるようにしてください。

不正乱視

乱視以外の乱視を「不正乱視」といいます。

角膜の表面がデコボコになっているために起こる乱視のことを言います。

 

 

乱視用のコンタクトレンズ

乱視用のコンタクトレンズとして、1dayタイプなら「ワンデー アキュビュー® モイスト® 乱視用」、2weekタイプなら「アキュビュー® オアシス® 乱視用」があります。どちらも「ESD(※)」という、目の動きに対してレンズが安定しやすい独自デザインを採用しており、コンタクトレンズがずれにくいという特徴があります。

※ アイリッド・スタビライズド・デザイン

 

https://acuvuevision.jp/contact-lenses/acuvue-astigmatism

 

 

おわりに

乱視にはさまざまな種類があり、その症状も異なります。「乱視かも」と少しでも気になる方は、自己判断せず、眼科医に相談しましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

関連するアキュビュー® のコンタクトレンズ

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア

◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。
特にご注意いだきたいこと
●使用期間を超えることなく、定期的に新しいレンズと必ず交換してください(2週間交換タイプ)。
●使用済みレンズは再装着しないでください(1日使い捨てタイプ)。
●装用スケジュールおよび装用時間を正しく守ってください。
●定期検査は目に異常を感じなくても必ず受けてください。
●少しでも異常を感じたら、直ちにレンズをはずして眼科医の検査を受けてください。
●連続装用はできません。眠るときは必ずレンズをはずしてください。
●適切なレンズケアを行ってください(2週間交換タイプ)。

販売名:ワンデー アキュビュー モイスト 承認番号:21600BZY00408000

販売名:アキュビュー オアシス 承認番号:21800BZY10252000 ®登録商標

※ 装用感、見え方には個人差があります。