Skip to main content

サイト内検索

サイト内検索

マイナスレンズ・プラスレンズとは?~コンタクトレンズの度数の見方~

自分の視力やコンタクトレンズの度数は知っていても、商品のパッケージに記載されている「D(Diopter)」といった記号や、度数の前についているマイナス(-)・プラス(+)の表記が何を意味しているのか、わからない人も多いのではないでしょうか。この記事では、コンタクトレンズの「マイナスレンズ」「プラスレンズ」の違いや度数の見方について解説します。

 

目次

1 レンズデータのマイナス(-)とプラス(+)とは?

2 マイナスレンズとは

3 プラスレンズとは

4 まとめ

 

レンズデータのマイナス(-)とプラス(+)とは?

コンタクトレンズの度数は、眼科医から処方されたコンタクトレンズ指示書(処方箋・処方指示書という場合あり)や商品パッケージに記載されています。

 

それらを見ると、度数(D、POWER、PWR 、P 、SPH)の項目に、マイナス(-)やプラス(+)が表記されていることに気づくでしょう。度数の前についているマイナスが近視用、プラスが遠視用を示しています。

 

マイナス・プラスを問わず、ゼロから離れれば離れるほど、度数の程度が強くなります。たとえば、マイナス3.50とマイナス4.00では、マイナス4.00の方が近視の矯正度数の強いレンズです。逆もまた然りで、プラス1.00よりもプラス2.00のほうが遠視の矯正度数が強いことを意味します。

 

マイナスレンズとは

マイナスレンズとは、近視矯正用のレンズのことで、凹レンズとも呼ばれています。マイナスレンズには目に入ってきた光を広げて、焦点距離を伸ばす働きがあります。

 

近視は、目に入ってきた光が網膜よりも手前で焦点を結んでしまう状態です。近視の人が目の状態にあった適切なマイナスレンズを使うと、焦点が後方に移動し、網膜上に焦点がくるため、遠くのモノが見えやすくなります。

 

プラスレンズとは

プラスレンズとは、遠視用のレンズのことで、凸レンズとも呼ばれています。マイナスレンズとは逆で、プラスレンズは目に入ってきた光を集めて、焦点距離を短くするのが特徴です。

 

遠視は、目に入ってきた光が網膜よりも後方で焦点を結んでしまう状態です。遠視の人が目の状態にあった適切なプラスレンズを使うと、焦点が前方に移動し、網膜上に焦点がくるため、ぼやけずに見えやすくなります。

 

まとめ

マイナスレンズとプラスレンズの違いについてご紹介しました。度数は変わることもあるため、定期的に眼科を受診して、自分に合うコンタクトレンズを装用しましょう。

 

関連記事

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア