Skip to main content

初めてのコンタクトレンズガイド 〜種類、購入方法など〜

初めてコンタクトレンズを装用するときは、わからないことや不安なことがたくさんありますよね。そこで今回は、コンタクトレンズデビューをしようとしているみなさんに、コンタクトレンズの種類、購入の流れなど、簡単にご紹介します。

 

 

目次

1 コンタクトレンズとは?

2 コンタクトレンズにはどんな種類があるの?

 2.1 ハードコンタクトレンズ・ソフトコンタクトレンズ

 2.2 1dayタイプ・2weekタイプ・1monthタイプ

3 コンタクトレンズ購入の流れ

4 まとめ

 

 

コンタクトレンズとは?

そもそもコンタクトレンズとは何なのか、コンタクトレンズを装用するとなぜモノがよく見えるのか、疑問に思ったことはありませんか。

 

近視や遠視、乱視は、目での光の屈折が上手くいかないことによる屈折異常のひとつです。コンタクトレンズには、屈折異常を矯正し、光の焦点が合うことを助ける働きがあります。

 

適正な度数のコンタクトレンズを装用することで、近視や遠視、乱視、さらには老眼による見えにくさを改善できます。

 

 

コンタクトレンズにはどんな種類があるの?

一口にコンタクトレンズといっても、さまざまな種類やタイプがあります。それぞれの違いについて見ていきましょう。

 

 

ハードコンタクトレンズ・ソフトコンタクトレンズ

コンタクトレンズには大きく分けて、ハードタイプとソフトタイプの2種類があります。ハードコンタクトレンズは、硬い素材で作られており、1枚のレンズを毎日ケアして使います。一方、ソフトコンタクトレンズは、水分を含んだ柔らかい素材でできています。ソフトコンタクトレンズには、ハードコンタクトレンズ同様1枚のレンズを毎日ケアして使うものもあれば、1日使い捨てタイプのものもあります。また、サークルレンズ・カラーコンタクトレンズもあります。

 

 

1dayタイプ・2weekタイプ・1monthタイプ

ソフトコンタクトレンズは、毎日交換するものや2週間、1ヶ月で交換するタイプのコンタクトレンズなど、1枚のレンズを使用できる期間によって種類が分かれます。事前に必ず眼科へ行って、どのレンズが自分に合うのか調べてもらいましょう。

 

 

コンタクトレンズ購入の流れ

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。そのため、コンタクトレンズを購入する際には、事前に眼科医による検査・処方を受けましょう。

 

検査結果をもとに、実際にコンタクトレンズを装用し、見え方や装用感を確認してから、目に合うレンズを決定します。コンタクトレンズのつけ方・はずし方、ケアの方法も教えてもらえるので安心です。

 

 

まとめ

初めてのコンタクトレンズには、不安なことも多いかもしれません。しかし、きちんと管理して使用すれば、決して怖いものではないのです。正しい知識を身につけて、快適なコンタクトレンズ生活を送りましょう。