Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索
q.png
Q

緑内障ってどんな病気? 近視の人は緑内障になりやすいって本当?

a.png
A

視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気のことをいいます。視覚が障害される病気の中で緑内障が最も多く、日本では40歳以上の方でおよそ20人に1人が緑内障を患っているといわれています※2。病気の進行はゆるやかで、初期の段階では健康な方の目が、見えない方の視野を無意識に補うために、症状に気づきません。また近視の人は眼球の奥行きが長く網膜が薄いことに加え、目の構造上、もともと視神経が弱く障害されやすいため、近視の人ほど緑内障になりやすいといわれています。

※2 日本眼科学会:「緑内障」より
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/ryokunai_ryokunai.jsp

qa-12_img_501.png

<緑内障の原因>
目には、「房水」という液体が産生され、水晶体や角膜などに栄養を与えながら目の中を循環しています。この房水の循環によって、目の中は一定の圧力で張りを保っています。これが眼圧です。古くから眼圧が高くなると、視神経が圧迫されて視神経が損傷される結果、緑内障が発症すると考えられてきました。しかし最近の研究で、日本人は眼圧が低いにもかかわらず緑内障を起こすケースが多く、眼圧上昇だけが緑内障の原因ではないと分かってきました。現在、眼圧以外の要因として、もともとの視神経の弱さ、血流の悪さ、遺伝などが関係しているといわれています。

qa-12_img_502.png

<緑内障の治療>
一度障害された視神経を回復させることはできませんが、緑内障治療薬などの薬物療法で進行を遅らせることが期待できます。40歳を過ぎたら眼科を受診し、眼底や視野、隅角などの緑内障検査を定期的に受けましょう。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが、 ひがしはら内科眼科クリニック・副院長 東原尚代先生監修のもと、編集しています。