Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索
q.png
Q

目は、どうやって遠くと近くを見わけているの?

a.png
A

遠近の見わけ、つまり奥行きの認識は、さまざまな情報を統合して脳で行われますが、その一つが、モノを立体的に見る両眼視の機能です。
私たちが片目で見る世界は、実は平面的(二次元)です。右目と左目で同時に見た情報を脳で一つにまとめて処理することで初めて、モノが立体的に見えます。右目と左目は、少し離れて顔についているので、同じものを見ていても、右目と左目では微妙に違って見えています。この左右の違いを両眼視差と呼び、この違いから、脳が奥行きを認識して、立体的な像を描き出すのです(図1)。
ほかにも、モノの大きさ(遠くのモノは小さく、近くのモノは大きく見える)、重なり(モノが重なっているときは、遠くのモノは近くのモノに隠れる)、明るさ(近くのモノははっきり、遠くのモノはぼんやり見える)、動き(遠くのモノはゆっくり、近くのモノは早く動く)といった、片目で得られる情報も、奥行きを認識する手がかりになります。

qa-11_img_002.png

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが、ひがしはら内科眼科クリニック・副院長 東原尚代先生監修のもと、編集しています。