Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索
q.png
Q

どうして目やにができるのですか?

a.png
A

涙は油分と水分、ねばねばした粘液から構成され、ビタミンや電解質、抗菌成分、免疫成分など目の栄養素を多く含んでいます。涙は目の表面にうるおいを与えながら、まばたきによって目の表面の古くなった細胞をワイパーのようにからめとり「目やに」として排泄するのを助け、目の健康維持に役立っています。
起きている間は、目やには涙と一緒に目頭にある涙点から目の外に排出されますが(図1)、寝ているときは、まばたきをしないために目やにを排出することはできません。起床時に目やにがあっても、少量で日中に出つづけることがなければ心配する必要はありません。清潔な手指でとりのぞくか、洗顔して目やにを洗い流しましょう。

こんな目やには要注意!

結膜炎などの病気では、病原菌や異物を排泄するために目やにの量が増え、その色や質も原因によって変化します。健康なときの目やにと様子が違う場合は、眼科を受診しましょう。

  その他の特徴
細菌性結膜炎 黄緑色 膿のようにネバネバ まばたきのたびに大量に出る。起床時には、目の周りに固まって、目が開けにくいこともある
ウイルス性結膜炎 乳白色 クリーム状
アレルギー性結膜炎 透明 さらさら 起床時には乾燥して粉をふいたように、まぶたにつく
qa-10_img_005.png

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが、ひがしはら内科眼科クリニック・副院長 東原尚代先生監修のもと、編集しています。