Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索
q.png
Q

ドライアイって涙が出ない状態をいうのですか?
コンタクトレンズをつけるとなぜ目が乾くの?

a.png
A

涙は粘液、水分、油分からなり、目の表面を均一に覆って、ものが見えるように働いています。また、まばたきの際に涙が潤滑剤のような役割を担います。この涙が減少したり不安定になることでドライアイが生じます。ドライアイは大きく分けて、涙の量が減るタイプと、涙が蒸発しやすいタイプの2種類があります。前者は、加齢や炎症などの原因で涙を分泌する涙腺の働きが低下することが原因とされます。涙の量が少ないと目の乾燥感が生じるだけでなく、目に傷ができて異物感や痛みを生じます。また涙が蒸発しやすいドライアイでは、涙を目の表面に張り付ける粘液成分が少なくなっていることが背景にあるとされ、目に傷がないにも関わらず強い乾燥感や異物感、目の疲れを生じます。
コンタクトレンズに関連したドライアイは、涙が蒸発しやすいドライアイに分類されます。コンタクトレンズを装用することで、涙の層が分断される結果、レンズ表面には非常に薄く不安定な涙しか形成されず、涙が蒸発しやすくなります。また、まばたきの際にまぶたとレンズに摩擦が生じてしまい、その刺激が目の不快感につながってドライアイ症状を引き起こすと考えられています。さらにモノがハッキリ見えず、目の疲れの原因にもなります。コンタクトレンズを装用した状態でエアコンの効いた低温・低湿度な環境にいたり、パソコン、スマートフォンなどのデジタル機器を長時間使用することは、ドライアイのリスクファクターとなります。
コンタクトレンズ装用で目の乾きが気になる人は、まずは一度眼科を受診し、目や涙の状態を調べてもらいましょう。レンズ表面の涙が安定しやすく、摩擦の起きにくい工夫が施されたコンタクトレンズを試してみるのも一つの方法です。

qa-09_img_002.png

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが、ひがしはら内科眼科クリニック・副院長 東原尚代先生監修のもと、編集しています。