Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索
q.png
Q

コンタクトレンズには、どうして装用期間が決まっているのですか?
期間を超えて使うとどうなりますか?

a.png
A

「装用期間」とは、1枚のコンタクトレンズを最長でどれくらいまで装用できるか定められた期間です。
たとえば、1日使い捨ては最長で終日(朝起きて夜寝るまで)、2週間交換タイプは開封してから最長で14日間と決められています。1日使い捨て、あるいは、2週間交換タイプのどちらが良いかは、眼科医が一人ひとりの目や涙の状態、生活スタイルなどを考慮して選択します。また装用期間と同様に大切なのが、「装用時間」です。装用時間とは、1枚のレンズを最大で何時間装用できるかという目安で、やはり眼科医が判断して定めます。
涙の中にはタンパク質や油分が含まれて下り、1日装用したコンタクトレンズは目には見えないけれども汚れがたくさん付着しています。見た目にキレイだからといって、1日使い捨てタイプのレンズを洗って保存液につけて保管し、翌日も装用するといった間違った使い方は決してしないでください。また、2週間交換タイプなどの定期交換型のレンズは、目からはずした後は必ずレンズケアをしましょう※1。装用期間や装用時間を超えて装用すると汚れも蓄積しやすく、さらに、レンズの汚れを足場として細菌が付着しやすくなります。また、汚れたレンズは酸素を通しにくくなるため、黒目が腫れたり傷が生じたりします。
また定期交換型の装用期間はパッケージを開封した日から数えるという点にも注意してください。たとえば2週間交換タイプの場合は、パッケージを開封して14日経ったら、たとえ1度しか装用していなくとも、必ずレンズを捨てましょう。もしも、装用しない日があれば通常通りにレンズケアして保存しておきましょう。

※1 連続装用コンタクトレンズを除く。
※ 眼科医の指示した装用期間に従ってください。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが、ひがしはら内科眼科クリニック・副院長 東原尚代先生監修のもと、編集しています。