Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索
q.png
Q

老眼になったら、コンタクトレンズの上に老眼鏡をかけるのですか? 近視も老眼も、どちらも矯正できるコンタクトレンズはないでしょうか?

a.png
A

近視や遠視をコンタクトレンズで矯正している人が老眼になった場合、以下のような対策があります。

1. 必要時に老眼鏡を装用する
手元を見るときだけ、これまでのコンタクトレンズの上に、手元用の老眼鏡を装用します。でも老眼鏡をかけたままでは遠くのモノをハッキリ見ることはできないため、見るモノの距離に応じて眼鏡をかけたり、はずしたりする必要があります。

2. これまでのコンタクトレンズの度数を少し落とす
若い頃は遠くが見えるような度数でコンタクトレンズを装用しても、水晶体の調節力が働くため、手元を見る時でも不自由しません。しかし年齢とともに調節力が弱まってくると、老眼の症状が出てくるため、コンタクトレンズの度数を少し落として、手元が見やすいように調節します。ただし、遠くの見え方を少し妥協しなければなりません。

3. モノビジョンを試す
手に利き手があるように、人の目にも利き目があります。一般的に利き目は、遠くを見やすい度数に合わせて遠くを見させ、利き目でない方の目は少し度数を落として手元を見させ、両方の目を開けた状態で、遠くと近くを見せる方法があります。これをモノビジョン法といいます。適応するのに少し時間がかかることがあります。

4. 遠近両用コンタクトレンズに切り替える
ソフトコンタクトレンズの場合、遠近両用コンタクトレンズには、1枚のレンズに、近くから遠くを見るための度数が同心円状に配列されおり、そのデザインにはさまざまなタイプがあります。下図のように、近く・中間・遠く用の度数が設計された遠近両用コンタクトレンズは、見るものの距離によって目線を大きく変える必要がなく、近くから遠くまで、自然な見え方が特徴です。遠近両用コンタクトレンズ特有の見え方に慣れる必要がありますが、見え方に適応できると大変便利です。最近の遠近両用コンタクトレンズは性能が優れたものが出てきましたので眼科医に相談するといいでしょう。

 

qa-07_img_004.gif

 

ワンデー アキュビュー® モイスト® マルチフォーカル 製品詳細はこちら

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが、ひがしはら内科眼科クリニック・副院長 東原尚代先生監修のもと、編集しています。