Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索
q.png
Q

毎日きちんとケアしていても、レンズが白っぽくくもるのは、なぜですか?
2週間交換タイプのソフトコンタクトレンズの場合

a.png
A

コンタクトレンズがくもる原因のひとつとして、涙に含まれるタンパク質や脂質(油分)による汚れが考えられます。タンパク質や脂質は、目や涙にとって大切な成分なのですが、コンタクトレンズを装用するとレンズに付着し、きちんと除去しないと汚れとなって蓄積してこびりついてしまうことがあります。人によって涙の量や質が異なる上に、アレルギー性結膜炎など目の病気によって汚れがつきやすい人と、そうでない人がいます。また化粧品の油分など、体の外からの汚れも、レンズのくもりの原因になる場合があります。汚れがついたままのレンズを装用していると、見え方やつけ心地が悪くなるだけでなく、角膜の傷や角膜感染症、結膜炎の原因になりかねません。汚れを落とすためには、レンズをしっかりこすり洗いすることが大切です。ケア剤(化学消毒剤)の取扱説明書に従って正しくレンズをケアしましょう。それでもレンズがくもりやすいと感じたら、眼科医に一度相談してみましょう。またソフトコンタクトレンズの素材には、タンパク質汚れがつきやすいものや、脂質汚れがつきやすいものなど、さまざまな特徴がありますので、目の状態にあわせて、眼科医にレンズ素材を選んでもらいましょう。

<タンパク除去剤を使ったほうがいい?>
アキュビュー®のコンタクトレンズの場合、基本的にはタンパク除去は不要ですが、汚れが気になる場合には、眼科医にご相談ください。

qa-04_img_002.jpg

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが、ひがしはら内科眼科クリニック・副院長 東原尚代先生監修のもと、編集しています。