Skip to main content

サイト内検索

アキュビュー®【公式】(EYE LIFE アカデミー) 目にも紫外線対策を

tit_eyelife.png
楽しく学べる瞳の情報コラム EYE LIFEアカデミー

サングラス、紫外線対策にも効果的?

スポーツやアウトドアを楽しむ時はもちろん、車の運転中など、眩しさを和らげるためにサングラスを装用する人は少なくありません。
では、目の紫外線対策としてはどうでしょう。よく紫外線を眩しいものと思っている人がいますが、紫外線は目に見えない光なので、眩しさとは関係ありません。
またサングラスの色の濃さとUVカットも関係がありません。色の濃いサングラスは眩しさを抑えてくれますが、瞳孔が開き、UVカット機能がないサングラスだと、かえって目の中に多くの紫外線を取り込んでしまうことが考えられます。紫外線対策のためには、色の濃さではなく、UVカット率でサングラスを選びましょう。

紫外線が目に及ぼす影響

紫外線は、将来的に目の病気を引き起こす可能性があることをご存じですか?
紫外線の多くは、目の表面にある角膜(黒目)で吸収されます。しかし紫外線の波長によっては、目の奥の水晶体や網膜まで達することがあります。
紫外線によるダメージは、角膜が炎症し、充血を起こす「紫外線性角膜炎(雪目)」や、結膜が角膜へ向かって侵入する「翼状片」などを引き起こす原因と考えられています。
また目の水晶体が濁り、視力が低下する「白内障」との関係も指摘されています。そのため目の紫外線対策は、目の健康のためにとても大切なことなのです。

UVカットサングラスだけで大丈夫 !?プラスの紫外線対策を

では、どうやって紫外線から目を守ればいいのでしょうか?
UVカットサングラスは、目の紫外線対策に有効なアイテムの一つですが、デザインによってはサングラスと顔の間にできる隙間から紫外線が目に入ることがあります。
そこでおすすめなのが、UVカットつきのコンタクトレンズです。目に直接装用するため、目に一番近い紫外線対策アイテムといえるでしょう。
まずはお使いのコンタクトレンズのUVカット率 を一度、確認してみましょう。詳しくは眼科医にご相談ください。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが東京大学名誉教授・増田寛次郎先生監修のもと、編集しています。