Skip to main content

サイト内検索

アキュビュー® 【公式】(EYE LIFE アカデミー) 白内障

tit_eyelife.png
楽しく学べる瞳の情報コラム EYE LIFEアカデミー

こんな症状はありませんか?

eyelife_a_img_01.png

以上の症状は、老眼や疲れ目の症状と紛らわしいものもありますが、白内障でもよく見られる症状です。50歳以上で、上記に当てはまる場合、白内障の可能性が高くなります。

 

誰でもいつかは白内障になるってほんとう?

年齢とともに、肌にシミやシワができるように、変化は目にも現れます。白内障もその一つで、レンズの役割をしている水晶体がだんだんと濁ってくる病気です。症状の程度には個人差がありますが、誰にでも起きることです。50歳代では約半数に、80歳代ではほぼ全員に、加齢白内障による水晶体の濁りが見られるとされています。

eyelife_a_img_02.png

もともと水晶体は透明なものですが、年を重ねるにつれて水晶体に含まれるたんぱく質が変性し、濁りが生じてきます。

 

白内障の発症を遅らせることはできる?

白内障の発症には、加齢のほかに紫外線や酸化ストレス、喫煙、糖尿病なども大きな原因になります。そうした要因をできるだけ避けたり予防したりしながら、心身の健康を保つことが、白内障の発症を遅らせることにつながります。
紫外線対策は、一年を通して必要です。天気が良い日には、つばの広い帽子やUVカットつきのサングラスを着用して、目に入る紫外線の量を減らしましょう。コンタクトレンズにもUVカットつきレンズがあるのでおすすめです。また栄養面では、抗酸化効果の高いビタミンを多く含む野菜や果物を摂取するよう心がけると良いという報告もあります。また禁煙も大事です。

 

白内障は治るの?

白内障により一度濁ってしまった水晶体は、元には戻りません。進行度や症状には個人差があり、視力低下や生活への支障の程度によって、治療法を選ぶことになります。治療法には、点眼薬で濁りの進行を遅らせる方法や、手術で濁った水晶体を取り除き、人工のレンズ(眼内レンズ)と入れ替える方法があります。見え方を改善するには、根本治療としての手術が必要です。また視力低下や視界の異常には、他の病気が隠れている場合もあります。症状に早く気づくために、定期的な目の検査や日常のセルフチェックを忘れないようにしましょう。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが東京大学名誉教授・増田寛次郎先生監修のもと、編集しています。