Skip to main content

サイト内検索

アキュビュー® 【公式】(EYE LIFE アカデミー) 老眼のしくみとコンタクトレンズ

tit_eyelife.png
楽しく学べる瞳の情報コラム EYE LIFEアカデミー

老眼はなぜ起きる?

老眼は、目の「ピント合わせの力(調節力)」が弱まった状態をいいます。下図のように、ふだん私たちの目は手元のモノを見るとき、水晶体を厚くして、網膜上の1点に光が焦点を結ぶように、つまりピントが合うように光の屈折度合いを調節します。
しかし水晶体の柔らかさは生まれた直後をピークにその後は年齢とともに徐々に固くなります。そのため40歳を過ぎた頃には、若い頃のように柔軟に水晶体を厚くすることができず、ピント合わせがしづらくなります。ピントが合わないので、モノがハッキリと見えません。

手元のモノを見るときは、水晶体が厚くなることで、目に入った光が大きく屈折し、網膜の上でピントが合う。
年齢とともに水晶体が硬くなり、手元のモノを見るときに十分に厚くならず、網膜の上で光のピントが合わなくなる。これが老眼です。

 

老眼矯正のための「遠近両用」

老眼の症状が出はじめたら、眼鏡やコンタクトレンズで、目の調節力をサポートしましょう。「遠近両用」のコンタクトレンズは、老眼矯正方法の一つです。1枚のレンズに、遠く用の度数と手元用の度数が入っているため、老眼鏡のように、見るモノの距離に応じてかけたりはずしたりする必要がありません。度数の入れ方などによって見え方に特徴があります。あなたにぴったりの老眼矯正方法を、眼科医と一緒に見つけましょう。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが東京大学名誉教授・増田寛次郎先生監修のもと、編集しています。