Skip to main content

サイト内検索

アキュビュー® 【公式】(EYE LIFE アカデミー) 知っておきたい、「白内障」のこと

tit_eyelife.png
楽しく学べる瞳の情報コラム EYE LIFEアカデミー

白内障って、どんな病気?

水晶体は、目の中で、カメラでいうレンズの役割を果たしています。無色透明で、外から入ってくる光をよく通します。この水晶体が白く濁るのが白内障です。水晶体が光を通しにくくなるため、モノが見づらくなります。濁り方によって症状は異なりますが、主に、視界がかすむ、まぶしい、ピントが合いにくい、二重に見えるといった症状が起こります。進行すると視力に影響が出てくるので、症状を感じたら、早目に眼科を受診しましょう。

eyelife_a_img_22.png

白内障は「老化現象です

白内障の原因としてもっとも多いのは加齢です。水晶体は主にタンパク質と水分からできています。年齢とともに水晶体のタンパク質は変化し、だんだん濁ってきます。つまり白内障は老化現象の一つ。遅かれ早かれ、誰でも水晶体は濁ってくるのです。

 

紫外線に要注意!

加齢のほかに、実は紫外線も白内障に関係しています。紫外線を浴びると体内で酸化ストレスが発生しますが、この酸化ストレスが、水晶体のタンパク質を変化させるのではないかと考えられています。白内障予防のためにも、UVカットつきのコンタクトレンズやサングラスなどで、年齢にかかわらず目の紫外線対策を心がけたいですね。

白内障の治療法

濁った水晶体を元に戻すことは、現在のところできません。白内障治療点眼薬で、混濁の進行を遅くすることができます。視力が低下して日常生活に支障が出ている場合は、濁った水晶体を眼内から取り除き、代わりに眼内レンズと呼ばれる人工の水晶体を挿入する、外科的な治療をおこなうのも選択肢の一つです。最近では老視用の遠近両用眼内レンズが保険診療の適応になりました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが東京大学名誉教授・増田寛次郎先生監修のもと、編集しています。