Skip to main content

サイト内検索

アキュビュー® 【公式】(EYE LIFE アカデミー) UVカットつきコンタクトレンズ

tit_eyelife.png
楽しく学べる瞳の情報コラム EYE LIFEアカデミー

ブルーライトと紫外線、 どっちが気になる?

最近、パソコンやスマートフォンのブルーライトを気にしているという人が多いのではないでしょうか。ブルーライトは可視光線の中でもエネルギーが強いため、目に何らかの影響を与えるのではないかといわれています。しかしブルーライトは太陽の光に大量に含まれており、日中に外に出ればたくさん浴びるものです。過度に神経質になる必要はありません。一方、紫外線はどうでしょう? シミやシワ、がんなど、皮膚に影響を及ぼしますが、目にもダメージを与えることをご存じでしょうか?

 

紫外線と目のトラブル

紫外線は目の老化を早め、下記のような目の病気の原因になるといわれています。また最近では、老眼の発症を早めるとも考えられています。紫外線のダメージは、紫外線を浴びるたびに私たちの目に蓄積し、何年も経ってから症状となって現れます。短時間に大量に浴びない限りすぐにはダメージが実感しにくいうえ、ブルーライトと違って光が目に見えないというのも、紫外線対策の難しいところかもしれません。

  • 白内障(はくないしょう):水晶体が白くにごり、視力が低下する。
  • 加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい):視細胞が集まる網膜の一部に障害が起こる。
  • 緑内障(りょくないしょう):視神経が傷害され、視野および視力に障害が起こる。
  • 瞼裂斑(けんれつはん):黒目に近い白目の一部が隆起した状態。
  • 翼状片(よくじょうへん):黒目に白目の粘膜が入り込んでくる。

 

コンタクトレンズにUVカットは必要?

では、どうやって目を紫外線から守ればいいのでしょうか? つばの広い帽子や、UVカットつきのメガネやサングラスも、もちろん紫外線対策に有効です。でもメガネの隙間から入る紫外線や、通勤・通学、洗濯物干しといった日常生活での対策という点では、装用している間ずっと紫外線を防いでくれるUVカットつきコンタクトレンズは、目の紫外線対策の強い味方といえるでしょう。紫外線をどれくらいカットするかは、製品によって異なります。製品のホームページなどでUVカット率を確認してみましょう。

UVカット率には国際基準があります
ISO(国際標準化機構)では、コンタクトレンズのUVカット率に関して次のような規格を定めています。

UV-Aカット率90%以上、UV-Bカット率99%以上 : クラス1
UV-Aカット率50%以上、UV-Bカット率95%以上 : クラス2

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが東京大学名誉教授・増田寛次郎先生監修のもと、編集しています。