Skip to main content

サイト内検索

アキュビュー® 【公式】(EYE LIFE アカデミー) メイクとコンタクトレンズ

tit_eyelife.png
楽しく学べる瞳の情報コラム EYE LIFEアカデミー

メイクやクレンジングの正しい順番は?

コンタクトレンズを装用している皆さんは、メイクとコンタクトレンズ装用の、どちらを先にしていますか?クレンジングのときはどうでしょう?
実は、どちらもコンタクトレンズが先です。
コンタクトレンズをつけてからメイクを、コンタクトレンズをはずしてからクレンジングをするのが、ルールです。

 

順番を間違えると、レンズが曇ったり、乾いたりする?

メイク用品には油分が多く含まれており、メイクをした手には、たとえ石けんで洗っても、油分が残っている可能性があります。その手でコンタクトレンズを装用すると、レンズに油分がついてしまい、レンズの曇りや目の乾きの原因に。日焼け止めやハンドクリームも油分を多く含んでいるので気をつけましょう。もしレンズに油分の汚れがついてしまったら、油分の汚れ専用のレンズクリーナーを使うのも一つの方法です。レンズの汚れが気になるようなら、眼科の先生に相談してみましょう。

またレンズをつけたままクレンジングをすると、レンズの素材によっては、クレンジング剤に含まれる界面活性剤の働きで、涙の状態が不安定になり、目が乾く可能性があります。メイクもクレンジングも、コンタクトレンズが「先」。必ず順番を守りましょう。

まつ毛の内側にアイメイクはNG!

まつ毛の内側に並ぶ白い点が油分の出口。ここをメイクでふさぐと目の乾きやものもらいの原因に。

アイラインやマスカラなど、目の際にメイクをすると、レンズに汚れがつきやすいだけでなく、目が乾きやすくなったり、ものもらいの原因に。涙に必要な油分を分泌する出口が、汚れでふさがれると、涙が乾きやすい状態になります。

また油分が分泌されずに詰まってしまい炎症を起こすと、ものもらい(霰粒腫)に。まつ毛の内側にはアイメイクがつかないように気をつけましょう。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが東京大学名誉教授・増田寛次郎先生監修のもと、編集しています。