Skip to main content

サイト内検索

アキュビュー® 【公式】(EYE LIFE アカデミー) カラーコンタクトレンズのきほん

tit_eyelife.png
楽しく学べる瞳の情報コラム EYE LIFEアカデミー

カラーコンタクトレンズのいろいろ

目の中の虹彩にあたる部分に、色やデザインが施されたレンズを「カラーコンタクトレンズ」と呼んでいますが、実は、さまざまなタイプがあり、目の色(虹彩色)を変えるものや、目の印象を強調するものなどがあります。

 

色のつけかたに注目してみよう

カラーコンタクトレンズは、色素をレンズに加えることで着色しています。実は、この着色の方法が、目の健康にとって重要なポイントに。色素が、レンズの表面から近い場所に存在すると、レンズの表面がデコボコと粗くなる場合があり、目やまぶたを物理的に傷つけたり、結膜炎を起こしたりする可能性があります。こうしたトラブルを避けるために、レンズの表面が滑らかになるように着色されたレンズを装用しましょう。

eyelife_a_img_58.png

より安全に装用するために

でも残念ながら、色素が目に触れないように着色されているかどうかは、レンズの見た目や触った感触ではわかりません。必ず眼科医に、目の健康に配慮したレンズを選んでもらいましょう。またカラーコンタクトレンズは、度の入ったものも、入っていないものも、どちらも心臓ペースメーカーや人工関節といった医療機器と同じ、適切な管理が必要な高度管理医療機器です。目の健康を守るために、必ずルールを守って使いましょう。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが東京大学名誉教授・増田寛次郎先生監修のもと、編集しています。