Skip to main content

サイト内検索

アキュビュー® 【公式】(EYE LIFE アカデミー) 目のエイジング

tit_eyelife.png
楽しく学べる瞳の情報コラム EYE LIFEアカデミー

肌だけじゃない!乾燥・たるみ・シミは、目にも!?

目のエイジング(老化)と聞くと、目のピント合わせの力が弱まり、手元が見えづらくなる「老眼」を思い浮かべる人は多いでしょう。でも、年齢とともに、肌や口の中が乾きやすくなったり、肌のたるみやシミ、くすみなどが気になり出すように、老眼のほかにも、目にはさまざまな変化が起きています。

【エイジングによって目に起きる変化】

○乾き
涙の分泌機能が低下し、涙の量が減るため、目が乾きやすくなり、目の疲れや異物感が起こります。

○たるみ
結膜がたるみ、目が乾きやすくなり、目の異物感や目やにが出たりします。

○シミ
紫外線のダメージが蓄積すると、白目に茶色いシミのようなものが できることがあります。

○にごり
加齢と紫外線の影響によって、水晶体が白くにごったり(白内障)、加齢の影響により、黒目の周辺がリング状に白くなることがあります(老人環)。

コンタクトレンズも、目のエイジングを考えて

このように、年齢とともに変化する、私たちの目。年を重ねても、ずっと同じコンタクトレンズで大丈夫でしょうか?

手元のものが見えづらいなど、エイジングサインを感じはじめたら、まずは眼科に相談してコンタクトレンズを見直してみましょう。エイジングを感じはじめた目には、うるおい対策も大切です。乾きにくい工夫を施したレンズもあるので、先生に聞いてみましょう。

また、エイジングを加速する可能性のある紫外線には、日ごろから気をつけたいところ。最新の研究では、紫外線で老眼が早まる可能性も指摘されています。UVカットコンタクトレンズで、目にも紫外線対策を。

 

こんな変化にも注目!

目に入る光の量を調節している、瞳孔(どうこう)。実は、人それぞれ、近視や遠視の度数によって大きさが異なり、さらに年齢とともに小さくなります。老眼を矯正する際には、コンタクトレンズのレンズ設計と、この瞳孔の大きさがぴったり合っていることが、クリアな視界のポイントに。

eyelife_a_img_59.png

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが東京大学名誉教授・増田寛次郎先生監修のもと、編集しています。