めまもり - アレルギーと目薬

めまもり - アレルギーと目薬

もっと知ろう、もっと守ろう、目の健康。「めまもり」プロジェクト

アレルギー用目薬の効果は?

市販目薬の選び方を解説

アレルギーをお持ちの方は、ドラッグストアや薬局などで目薬を買う機会も多いでしょう。 しかし、店頭にあまりにもたくさんの商品が置かれていて、 どれを選べばよいか迷った経験はありませんか? ここでは、特に花粉症の方に向けて、アレルギー用目薬の種類と選び方、 コンタクトレンズを使用する際の注意点などを解説します。

花粉症と目の関係とは?1)-3)

いわゆる花粉症とは、花粉が体内に入ってくることでさまざまな症状が引き起こされるアレルギー性疾患のことです。目の症状を訴える人が多く、典型的な目の症状としては、かゆみや充血、なみだ目、ゴロゴロ感、白目のむくみ、白っぽい糸を引くような目やに、などがあり、その他鼻などにも、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状がでます。これらの症状の原因は、結膜の炎症(結膜炎)です。結膜とは、眼球の表面からまぶたの裏側までをおおっている粘膜のことで、この部分に花粉が触れると、アレルギーによる炎症が起こって上記のような症状が現れるのです。
花粉が原因の結膜炎は、基本的に花粉が飛ぶ季節にだけ症状が現れるため、「季節性アレルギー性結膜炎」と呼ばれます。一方、ダニやハウスダストに対するアレルギーによって結膜炎が引き起こされることもありますが、この場合は季節と関係なく一年中症状が現れる可能性があるため、「通年性アレルギー性結膜炎」と呼ばれ区別されています。

花粉症用の目薬の種類3)

花粉症の治療には、まず抗アレルギー点眼薬が使われます。抗アレルギー点眼薬の作用機序(薬が効果を及ぼすしくみ)には次の2つがあります。

花粉症の人では、花粉が結膜に付着すると、結膜に存在している肥満細胞(ひまんさいぼう)という細胞から、炎症やアレルギーを引き起こすさまざまな物質が放出されます。このような物質は、「ケミカルメディエーター」と総称されており、「ヒスタミン」はこのグループの物質の1つです。花粉症に伴う目の症状は、このケミカルメディエーターが、知覚神経や血管などに作用するために起こります。
抗アレルギー点眼薬は、ケミカルメディエーターの放出を防ぐ、あるいはヒスタミンの作用を抑制することによって、結膜に起きたアレルギー反応や炎症を抑えます。この作用によって、花粉症の症状が抑えられるのです。
なお、抗アレルギー点眼薬を使っても症状がおさまらない場合は、眼科でステロイド点眼薬を処方されることもあります。

市販されている花粉症の目薬には
どんな効果があるの?3)

市販の抗アレルギー点眼薬は、ケミカルメディエーターの放出やヒスタミンの働きを抑えることで、花粉症によるアレルギー症状(かゆみ、充血、目のゴロゴロ感など)を軽減します。また、市販の目薬のなかには、抗炎症成分や角膜保護成分なども含まれているものもあります。

市販の花粉症用目薬の選び方3)、4)

花粉症の症状を抑えたいという方には、上で挙げたような抗アレルギー点眼薬がおすすめです。眼科を受診して処方してもらうことがベストですが、市販薬としても入手できます。
市販の目薬を購入する際には、どのような成分が含まれているか必ず確認してください。メントールやカンフルの含まれている目薬は、症状が重いときや角膜に傷があるときに使用すると、強く染みたり、痛みを感じたりすることもあるため、避けたほうが良いでしょう。
コンタクトレンズを装用している人も、目薬の成分には注意しましょう。例えば、防腐剤入りの目薬を使うと、防腐剤がレンズに吸着して濃度が高まり、角膜を痛めてしまう可能性があります。また、目薬の成分によっては、レンズの材質と反応してレンズを変形させてしまうこともありますので、注意が必要です。

花粉症用の目薬を使うタイミング3)

通常は、目のかゆみや充血といった症状が出てから抗アレルギー点眼薬を使いはじめても問題ありません。しかし、症状が出る時期をある程度予測できる花粉症の場合は、症状がごく軽いか、まだ症状が出ていない時期から抗アレルギー点眼薬の使用をはじめる「初期療法」という治療法もあります。この初期療法を行うと、症状が出る時期を遅らせたり、症状を軽くしたりできるとされています。
症状がひどく、抗アレルギー点眼薬を使っても症状がおさまらない場合は、医師の判断によってステロイド点眼薬を用いることもあります。

花粉症でもコンタクトレンズは使える?5)

花粉症の症状が出ているときは、コンタクトレンズの装用をできるだけ控えてください。 花粉症による目の症状は、花粉という異物に対する反応です。そこへ、ある種の異物ともいえるコンタクトレンズがさらに入ってきてしまうと、かゆみや充血などの症状が悪化することがあります。また、長時間装用したコンタクトレンズには、花粉が付着することがあり、この付着した花粉によってアレルギー症状が引き起こされてしまう場合もあります。 花粉症の症状があるときは、できるだけメガネを使用し、どうしてもコンタクトレンズを使いたい場合には眼科医とよく相談しましょう。

コンタクトレンズユーザーが 花粉症トラブルを避けるには3)

花粉症の時期にもコンタクトレンズを使い続けたいという要望は少なくありません。しかし、花粉症の症状が出ているときは、原則的にコンタクトレンズの装用を控え、花粉症の治療を優先させてください。
どうしてもコンタクトレンズを使いたいときは、花粉症の症状が出ていない、あるいは症状がごく軽いときに限り、次のような対策をとりながら慎重に使用するようにしてください。

ただし、決して自己判断はせず、眼科医と相談しながら装用が可能かどうか検討してください。

花粉症による目のかゆみやゴロゴロ感は、生活に支障をきたすため、誰もが避けたいものです。市販の目薬を使って症状を抑えられる場合もありますので、目薬の効果や使い方について正しく知り、うまく活用しましょう。ただし、症状がひどいときや長引くとき、コンタクトレンズを装用しているときなどは、むやみに市販の目薬を使わず、眼科医に相談してください。

参考文献&参考サイト

・一般社団法人 日本アレルギー学会(https://www.jsaweb.jp/

1) 高村悦子. アレルギー 67:103-107, 2018

2) 的確な花粉症の治療のために(第2版). 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/kafun_chiryo.pdf

3) 一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー疾患の手引き
https://www.jsaweb.jp/huge/allergic_manual2020.pdf

4) 公益社団法人 日本眼科医会 点眼剤の適正使用 ハンドブック -Q&A-
https://www.rad-ar.or.jp/use/basis/pdf/megusuri02.pdf

5) 日本コンタクトレンズ学会 コンタクトレンズ診療ガイドライン第2版
http://old.nichigan.or.jp/member/guideline/contact_lens2.jsp

痛い目に、あう前に。眼科での定期検査で、
目のトラブルを早期発見。

® 登録商標 ©Johnson & Johnson K.K. 2021-2022
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーによって、日本国内向けに制作・運営されています。

 
url

pagename」のサイトに遷移します。

ご注意

このリンク先には、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケア カンパニーのプライバシーポリシーは適用されません。リンク先のウェブサイトにおける個人情報の取扱いについては、当社は責任を負いかねます。当該リンク先のプライバシーポリシーをお客様ご自身でご確認ください。続行する場合はOKを押してください。

OK
×