めまもりプロジェクト-目が重い原因とは?

めまもりプロジェクト-目が重い原因とは?

もっと知ろう、もっと守ろう、目の健康。「めまもり」プロジェクト

目が重い原因とは?

眼精疲労や目の病気?治療法や対策まで解説

「目が重い」と感じることはありませんか? このような症状が何日も続くと、悪い病気なのではないかと心配になりますよね。 目が重いという症状は、眼精疲労の患者さんが訴えることが多いですが、 目以外の病気が原因となっていることもあります。 この記事では、「目が重い」と感じる原因や、 目の重さを和らげるための対策について解説します。

目が重い!これって眼精疲労?

日中は仕事でパソコンを使い、夜は寝るまでスマートフォンを見るという人が、最近は多いのではないでしょうか。長時間パソコンやスマートフォンのディスプレイを見続けていると目が疲れ、「目が重い」と感じることがありますが、たいていは一晩ぐっすり眠ると治ってしまいます。しかし、一晩眠っても目の疲れがとれず、体のほかの部分にも肩こりや頭痛といった症状が現れることがあります。このような状態のことを「眼精疲労」といいます1)

十分な睡眠をとっているのに目の重さがなくならない場合、その原因は眼精疲労かもしれません。目の重さのほかに、次のような症状がないかセルフチェックしてみましょう。

※このセルフチェックは目安としてご活用ください。

当てはまる項目が多ければ多いほど、眼精疲労の可能性が高いといえます。しかし、これらの症状は、眼精疲労以外の病気が原因で起こることもありますので、気になる症状がある場合は必ず眼科を受診しましょう。

目が重い時に考えられる原因とは?

「目が重い」という感覚は、眼精疲労以外にも様々な原因によって引き起こされることがあります。

原因① 目の使いすぎ・環境

パソコンやスマートフォンのディスプレイなど近くのものを長時間見続けると、目の中でピント合わせ機能を担っている「毛様体筋(もうようたいきん)」という筋肉の緊張が高まります。この毛様体筋の緊張状態が続き、毛様体筋をコントロールしている自立神経機能が乱れると、「目が重い」という感覚が現れると考えられています。
目の乾燥も「目が重い」という症状を引き起こすことがあります。特に、乾燥した部屋や、エアコンの風が当たる場所で長時間作業をする際などは注意が必要です。

原因② 目の病気や屈折異常など

目に何らかの病気がある場合には、見えづらさが継続することによって「目が重い」という症状が出ることがあります。「目が重い」という感覚を引き起こす可能性のある病気としては、白内障、緑内障、ドライアイ、眼瞼下垂などが挙げられます。
また、近視や乱視、老視(老眼)が進んだ場合や、度が合っていない眼鏡やコンタクトレンズを使っている場合にも、「目が重い」と感じやすくなります。目のピントがうまく合っていない状態が続くと、ピント合わせ機能を担っている毛様体筋に大きな負担がかかってしまうためです2)

原因③ 目以外の病気

目以外の病気にも、「目が重い」という症状が出るものがあります。
ある種の脳神経疾患や糖尿病では、まぶたが垂れ下がってくることがあり、そのせいで「目が重い」と感じることがあります。また、自律神経失調症や更年期障害の人の中には、疲れやすさから「目が重い」という症状を訴える人もいます。

原因④ ストレス

ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、筋肉が緊張し、痛みが生じることがあります3)。そのため、「目が重い」などの症状が出ることがあります。

目が重い時の治療法・対策とは?

対策① 病気の有無を検査しよう

まずは病院を受診し、病気がないか確認してもらいましょう。検査を受けた結果、もし病気が見つかったら、医師と相談しながらその病気の治療を進めてください。

対策② メガネやコンタクトレンズの度数をチェックしよう

目に合っていないメガネやコンタクトレンズを使い続けると、次第に「目が重い」と感じるようになることが多いです。長い間、メガネやコンタクトレンズの度数をチェックしていない人は、眼科で検査をしてもらいましょう。度数が合っていない場合は、メガネを作り替えるか、コンタクトレンズを処方し直してもらってください。
目的にあったメガネやコンタクトレンズを選ぶことも大切です。例えば、遠くを見る用のメガネをかけて近くのものを見続けると、目に負担がかかります。パソコン作業など、近い距離で物を見ることが多い場合は、メガネやコンタクトレンズを作る際に眼科医に相談して、近くが見やすいメガネまたはコンタクトレンズを処方してもらいましょう。仕事用と外出用で2種類のメガネを作るなど、目的に合わせて使い分けるのもおすすめです。
40代になると、老視(老眼)のせいで近くが見づらいと感じる人が増えてきます。老眼鏡をかけるのは面倒かもしれませんが、見づらいのを我慢していると目に負担がかかります。近くを見る時は老眼鏡をかける、または遠近両用のメガネやコンタクトレンズに替えるなど、目に負担をかけない工夫が必要です。

対策③ 目を休ませよう

「目が重い」、「目が痛い」、「目が疲れる」、「目が乾く」といった症状を改善するには、目を休めるのが一番効果的です。パソコンなどを使うときは、1時間作業したら10~15分くらいの休みを取りましょう。窓の外を時々ぼんやり見るなどすると、目を休めることができます4)

対策④ 作業環境を整えよう

パソコンを使った作業を行うときは、目や身体に負担をかけないよう、環境を整えることが大切です。画面の明るさは500ルクス以下に設定しましょう。また、ブラインドやカーテンを利用して画面に太陽光が入り込まないようにし、ディスプレイや机、いすの高さも自分にあった位置に調整してください。加湿器で室内の湿度を上げると、乾燥による目への負担を軽減することができます4)

対策⑤ ツボマッサージをしよう

身体のいたるところにあるツボの中には、様々な目の症状に効果があるとされているものもあります。特に、「光明(こうめい)」や「合谷(ごうこく)」といったツボを押すと、目の血流が改善されることが報告されています5)。また、合谷には、ストレスで乱れた自律神経の機能を正常に戻し、リラックスさせる効果もあります6)。ストレスにより「目が重い感じがする」という症状が出ている場合は、合谷のツボを押すことで症状が和らぐかもしれません。休憩時間にそれぞれのツボを気持ちいいと感じる強さで押してみましょう。

光明(こうめい): 足の外側、くるぶしのでっぱりから指7本分上がった所
合谷(ごうこく): 手の甲側、親指と人さし指の骨の分かれ目のやや人さし指側

対策⑥ まぶたを温めてみよう

ホットアイマスクを10分ほど目の上に乗せると、眼精疲労の症状が軽減することが報告されています7)。眼精疲労で目が重いという方は、夜寝る前に蒸しタオルやホットアイマスクでまぶたを温めてみましょう。また、目を温めると緊張がほぐれ、リンパの流れも良くなり、睡眠の質が改善するとされています6)

パソコン、スマートフォンは、私たちの生活に欠かせないものになっています。最近は、テレワークやリモート授業が普及し、パソコンの画面を見る時間が大幅に増えたという人も多いのではないでしょうか。目を使い過ぎて「目が重い」と感じるようになったら、眼精疲労かもしれません。体のほかの部分にまで影響が及ぶ前に対策をとりましょう。また、目や目以外の病気、さらにはメガネやコンタクトレンズの度数が原因で「目が重い」という症状が出ている場合もあります。症状が続く場合は眼科を受診してください。

参考文献

1) 医療情報科学研究所編、病気がみえる vol.12 眼科、株式会社メディックメディア、2019年

2) 梶田雅義、視覚の科学 33(4): 138-146, 2012

3) 中奈央子、口腔病学会雑誌 72(3): 209-216, 2005

4) 令和元年7月12日付け基発0712第3号 情報機器作業における労働衛生管理のためのガイド
ラインについて 厚生労働省労働基準局編
https://www.mhlw.go.jp/content/000539604.pdf

5) 水上まゆみ、全日本鍼灸学会雑誌 58(4): 616-625, 2008

6) 加藤雅俊、ホントによく効く リンパとツボの本、日本文芸社、2015年

7) 山田詠子、日本看護研究学会雑誌 38(3), 3_262-3_262, 2015

痛い目に、あう前に。眼科での定期検査で、
目のトラブルを早期発見。

® 登録商標 © Johnson & Johnson K.K. 2021
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーによって、日本国内向けに制作・運営されています。

 
url

pagename」のサイトに遷移します。

ご注意

このリンク先には、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケア カンパニーのプライバシーポリシーは適用されません。リンク先のウェブサイトにおける個人情報の取扱いについては、当社は責任を負いかねます。当該リンク先のプライバシーポリシーをお客様ご自身でご確認ください。続行する場合はOKを押してください。

OK
×