めまもりプロジェクト-弱視

めまもりプロジェクト-弱視

もっと知ろう、もっと守ろう、目の健康。「めまもり」プロジェクト

弱視

よくある症状や治療法などを解説

0~8歳のお子さまに、ものを見るときに目を細める、  見ているものにやけに近づく、などの様子が見られることはありませんか?  弱視は、子供の視力障害のなかでもよく見られる疾患の1つで、  子供の約2%にみられます1) 早い段階で弱視を発見できると、  視力を改善させることができるため、早期発見が非常に重要です。

弱視とは?

医学的な定義での弱視とは、「視力の発達時期(感受性期間、0~8歳頃)に何らかの原因で視力の発達が妨げられることで起こる低視力」と表現され、メガネやコンタクトレンズで矯正しても0.8以下の状態を指します。

視力は成長と共に発達します。生まれたばかりの赤ちゃんは、目の前のものが動いているのを認識できる程度の視力しかありません。しかしその後、生後1カ月半頃から次第にものをじっと見つめるようになり、2カ月頃からは動くものを目で追うことができるようになります。視力も0歳児のときは0.1程度ですが、3歳頃には大人と同じ視力に達するとされています。その後も8歳頃までは、毎日目を使って絶えずものを見ることで、目から脳へと情報を伝える回路が作られ、視力が発達していきます。この時期に、何らかの原因でものが見えにくい状態になると、その間、見えにくい方の目では視力の発達が止まってしまうため、弱視となります。

弱視のよくある症状

弱視の症状には、
以下のようなものがあります。

テレビを見るとき近づいてみる
目を細めてものを見る
転びやすい
よくものにぶつかる
目の前の小さなものをつかみ損ねることが多い
ぬり絵やお絵描きをしていても、すぐに飽きてしまう
片方の目を隠すと嫌がる
いつも顔を傾けてものを見る
まぶしがることが多い
まばたきが多い

子供が見えにくそうにしている様子から弱視に気づくこともあります。しかし、片目だけが弱視で、もう片方の目の視力が正常に発達している場合は、生活に不自由することはないため、周囲が異常に気づくことはほとんどありません。そのため、見えにくそうな様子がなくても、片目を隠して子供の反応を調べることも大切です。

弱視の原因とは…

弱視の原因には以下のようなものがあります。

斜視

斜視が原因となる弱視のことを「斜視弱視」といいます。乳幼児期(0~5歳)に斜視があると、脳はものが二重に見える「複視」が起きないように、斜視がある側の目から入ってくる情報を遮断してしまいます。その結果、斜視がある側の目では、情報を目から脳へと伝える回路の形成が止まって視力が発達せず、弱視になることがあります。

屈折性弱視

生まれつき両目に強い屈折異常(遠視、乱視、近視)があり、ものをはっきり見ることができないために視力が発達せず弱視になってしまうことを「屈折性弱視」といいます。特に遠視のある子供は、近くのものにも遠くのものにもピントを合わせることが難しく、メガネをかけない限りものをはっきり見ることができないため、このタイプの弱視になりやすいとされています。近視の場合、遠くは見えにくいものの、近くはピントが合うため弱視になりにくいです。ただし、極端に近視が強いと弱視になります。

不同視弱視

片目に屈折異常(遠視、乱視、近視)があり、この屈折異常に大きな左右差がある場合に発症する弱視を「不同視弱視」といいます。片目の視力は正常に発達しているため、日常生活では不便がない・不便な様子がみられないことから、家族を含め周囲からは分かりません。そのため、3歳児健診や就学時健診で見つかるケースが多いタイプです。

先天白内障などの病気や眼帯の長期使用によるもの

乳幼児期に先天白内障や眼瞼下垂といった目の病気があったり、眼帯を長期間使用して目を使わない期間があったりすると、その間、適切な刺激が遮断されるため、視力が発達せず、弱視になることがあります(形態覚遮断弱視)。目を使わない期間が長くなるほど視力の回復が難しくなるため、片目の異常を早期に発見することが重要です。

弱視の治療方法とは…

弱視の治療には以下のようなものがあります。

メガネの装用(屈折矯正)

屈折性弱視の場合には、矯正メガネをかけて視力の発達を促します。就寝時や入浴時以外は、常にこのメガネを装用する必要があります。

手術

弱視の原因が白内障などの目の病気である場合、手術により原因を取り除きます。斜視弱視の場合、健眼遮蔽などの訓練をして視力が改善してから斜視の手術を行います。斜視手術では、目を動かす筋肉を移動させることで左右の目の位置のずれを整えます。

完全遮蔽法

視力に左右差がある場合に行う治療法です。視力が良い側の目(健眼)を遮蔽具により隠し、視力の悪い方の目を積極的に使うことで、視力の発達を促します。

不完全遮蔽法

健眼遮蔽ができない場合に、何らかの方法で健眼を見えにくくし、弱視側の目を使うよう促す治療法です。例えば、ピントを合わせる力を麻痺させるアトロピンという薬を健眼にだけ点眼して、近くを見るときに弱視側の目を使うよう促す方法があります。また、メガネを利用して、健眼側のレンズに半透明の膜を貼ったり、健眼側のレンズだけ度数をわざと見えづらいものに替えたりする方法もあります。

弱視が治ったらメガネはやめてもいいの?

早期に治療するほど早く視力が発達しますが、屈折異常が残る場合は、視力が発達してもメガネをはずせないこともあります。中学生程度にまで成長してからコンタクトレンズを併用することは可能です。
いったん視力が発達しても治療を中断すると弱視が再発することもあるため、長期的な経過観察が必要です1)

弱視は早期発見が大切!
3歳児健診を受けましょう

弱視に気づかないまま治療せず放置すると、矯正しても視力の悪い状態が生涯を通して続きます。
「ものが見える」ためには、眼球から情報が取り込まれるだけでなく、その情報が脳の中で適切に処理されなければなりません。弱視の患者さんは、脳内で視覚情報をうまく処理できないため、治療で矯正視力が良くなっても、弱視だった側の目で読書をすることが難しかったり、間隔がつまっている文字を判読しにくかったりといった症状が残ることがあります1)。そのため、脳の視覚情報処理機能を発達させるためにも、早期に弱視を発見し、治療することが大切なのです。3歳児健診で行われる視力検査を必ず受診しましょう。

弱視は、約2%の子供が発症する疾患です。子供の視力が発達する時期は、脳の発達にも重要な時期であるため、弱視があると脳の視覚情報処理にも影響が及んでしまいます1)。お子様がものを見る様子を注意深く観察するとともに、3歳児健診で行われる眼科検査を必ず受診するようにしましょう。

●参照サイト

日本弱視斜視学会

公益社団法人 日本眼科医会

日本小児眼科学会

●参考文献

1) 公益社団法人日本眼科医会 園医のための眼科検診マニュアル、2019年

痛い目に、あう前に。眼科での定期検査で、
目のトラブルを早期発見。

® 登録商標 © Johnson & Johnson K.K. 2021
このサイトならびにサイト内のコンテンツは、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーによって、日本国内向けに制作・運営されています。

 
url

pagename」のサイトに遷移します。

ご注意

このリンク先には、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケア カンパニーのプライバシーポリシーは適用されません。リンク先のウェブサイトにおける個人情報の取扱いについては、当社は責任を負いかねます。当該リンク先のプライバシーポリシーをお客様ご自身でご確認ください。続行する場合はOKを押してください。

OK

×