めまもりプロジェクト-緑内障

めまもりプロジェクト-緑内障

もっと知ろう、もっと守ろう、目の健康。「めまもり」プロジェクト
緑内障とは?症状やコンタクトレンズとの関係について

 

緑内障とは?

症状やコンタクトレンズとの関係について

目の病気の中でもよく知られている緑内障ですが、具体的にどんな症状があるのかご存知ですか?この記事では、緑内障に関する情報をご紹介します。

 

緑内障とは?

緑内障とは、視神経の障害により目が見える範囲が狭くなる、もしくは、部分的に見えなくなる病気です。

人がモノを見るときには、まず目の中に光が入って、眼球の奥にある網膜上に焦点を結びます。その光の情報が視神経を通して脳に伝達されることによって、私たちは「見える」と感じることができるのです。

しかし、緑内障になって、視神経に異常をきたすと、目で見た情報がうまく脳に伝わらなくなり、視野が欠けたり、狭くなったりします。日本において、失明をもたらす病気の第1位を占め、40代以上の日本人の20人に1人が緑内障を患っているとされています。

 

緑内障の症状

私たちは両目でモノを見ているため、たとえ片方の目に障害があっても、もう一方の目が見えない視野をカバーします。そのため初期の段階では、自覚症状がほとんどありません。放っておくと、少しずつ見える範囲が狭まっていきます。一度失われた視野を取り戻すことはできないので、早期発見が大切です。

 

まとめ

緑内障は、早期に異常を発見し、治療を開始することが重要です。緑内障の場合でコンタクトレンズを使用する際には、眼科医とよく相談して決めていきましょう。

眼科での定期検査で、 目のトラブルを早期発見。

わたしとかぞくの「めまもり」

自分のために、家族のために、 まずは知ることから。 人生100年、 それぞれの年代に合わせた「めまもり」を。

 
url

pagename」のサイトに遷移します。

ご注意

このリンク先には、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社ビジョンケア カンパニーのプライバシーポリシーは適用されません。リンク先のウェブサイトにおける個人情報の取扱いについては、当社は責任を負いかねます。当該リンク先のプライバシーポリシーをお客様ご自身でご確認ください。続行する場合はOKを押してください。

OK

×