Skip to main content

サイト内検索

アキュビュー® 【公式】(EYE LIFE アカデミー) 涙の3つの役割

tit_eyelife.png
楽しく学べる瞳の情報コラム EYE LIFEアカデミー

涙が目から落ちないのは、なぜ?

ふだん涙がなぜ目からこぼれ落ちないのか、不思議に思ったことはありませんか?それには、涙の構造や成分が深く関係しています。
涙はふつう、液層と油層の2層構造を保ちながら、目の表面にうすく均一に広がっています。水分(液層)の上を油の膜(油層)が覆うことで、蒸発したり、目から落ちたりしないように涙を支えているのです。また液層には「ムチン」という粘着性の成分が豊富に含まれており、そのおかげで、まばたきとまばたきの間の、目を開けている間に、涙が乾ききったり、目からこぼれ落ちたりすることなく、涙は目の表面に安定することができます。

涙の安定性が、疲れ目改善の鍵に!?

涙は目の表面に安定してはじめて、(1)目のうるおいを守る (2)光を正しく屈折させクリアな視界を提供する (3)まばたきの際に、まぶたがスムーズに動くための潤滑剤になる という3つの大切な役割を果たします。しかしドライアイやコンタクトレンズ装用、エアコンの効いた環境、デジタル機器での長時間作業などによって、涙は不安定になり、3つの役割を果たすことができなくなります。その結果、目の乾きを感じたり、クリアに見えないことで目や脳が疲れたりするほか、まばたきの際に、まぶたとレンズの摩擦が起き、それが目に負担をかけることで疲れ目の症状を引き起こしたりする場合があります。
そこで最近では、涙を安定させることで目の乾きや疲れを緩和する、「ムチン」に似た成分を配合した点眼薬やコンタクトレンズなどが登場し、注目を集めています。症状が気になる人は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーが東京大学名誉教授・増田寛次郎先生監修のもと、編集しています。