老眼の改善方法! 原因から予防法まで解説!

老眼の改善方法! 原因から予防法まで解説!

若い人の多くは、老眼(老視)など大したことがないと思っているかもしれません。しかし、実際になってみると、老眼は想像よりもずっと不便でわずらわしいものです。40歳くらいになると誰もが経験する「老眼」のほかにも、最近ではデジタル機器の普及により、若い人たちの間でも「スマホ老眼」という老眼に似た症状に悩まされる人が多くなってきました。ここでは、さまざまな「老眼」について、原因や予防法を解説します。

老眼が起きる原因とは?

老眼の原因は、目のピント調節機能の衰えです。

目の中には、カメラのレンズのようなはたらきをする水晶体(すいしょうたい)という部分があります。私たちの目は、この水晶体の厚みを、見ようとするものの距離に合わせて変化させることで、いわゆる「ピントが合った」状態を保っています。しかし、年を重ねると水晶体の弾力が徐々に失われていくため、水晶体の厚みを変えることが難しくなります。特に、近くのものを見る場合には、水晶体の厚みを増す必要がありますが、加齢に伴って水晶体の柔軟性が失われてくると、厚みを増すことが難しくなり、近くのものにピントを合わせにくくなります。この状態がいわゆる「老眼」です。

多くの人は40歳くらいから、近くを見るときに眼が疲れるなど、徐々に老眼の症状を感じ始めます。遠くを見る場合にもピント合わせが必要な遠視の方は、老眼の症状をより早く自覚することが多いようです。

老眼の症状とは?

老眼の初期には、「手元にあるものが見えにくい」、「細かい文字が読みにくい」などの症状を経験することが多いようです。老眼が進行するにつれて、「暗い場所にいると近くのものが見えにくい」、「メガネやコンタクトを使用すると、近視の方では、裸眼の場合より近くが見えにくくなる」、「近くを見た後に遠くを見ると視界がぼやける」などの症状が現れます。

また、老眼になると目が疲れやすくなり、眼精疲労になることがあります。ひどい場合には、頭痛や肩こり、吐き気などの症状が現れるケースもありますので、早めの対処が重要です。

老眼を改善するには? 気になる対処法一覧!

「老眼は年を重ねれば誰もが経験することだから大したことはない」などと考えてはいけません。老眼を軽く見て何も対処しなかったり、自分の目に合っていない市販の老眼鏡を使ったりしていると、眼精疲労など目の不調を招くことがあり、ひどい場合には目以外にも体のさまざまな場所に不調が現れます。「老眼かな?」と思ったら、早めに対策をすることが大切です。

メガネの使用

老眼の対処法として第一に挙げられるのは、老眼鏡を使うことです。最近は色々な種類の老眼鏡が販売されていますが、一般的に「老眼鏡」と呼ばれているのは、手元を見るとき専用のもの(単焦点レンズ)です。

一方、手元だけでなく、さまざまな距離にピントが合うようなレンズが使われているメガネもあり、このタイプのレンズは「多焦点レンズ」と呼ばれています。多焦点レンズには、異なる度数の部分の間にくっきりと境目がある「二重焦点レンズ」や「三重焦点レンズ」のほか、レンズの度数が連続的に変化していく「累進屈折力レンズ」というものがあります。累進屈折力レンズにはさらに、遠くも近くも見える「遠近両用レンズ」、室内用の「中近レンズ」、手元とその周辺を見るための「近近レンズ」などの種類があります。

コンタクトレンズの使用

遠近両用のコンタクトレンズにも、メガネと同じように、二重焦点型(バイフォーカルタイプ)と累進屈折力型(マルチフォーカルタイプ)があります。

また、見える仕組みにも、「交代視タイプ」と「同時視タイプ」の2種類があります。「交代視タイプ」のレンズ使用時には、視線を変えることで遠く用・近く用の度数を使い分けます。一方「同時視タイプ」のレンズは、どこを見ている時でも、遠く用・近く用の度数を両方とも使う作りになっています。ハードレンズは基本的に交代視タイプのものがほとんどでしたが、最近では同時視タイプのハードレンズも登場しています。

コンタクトレンズの使用経験がある人は、遠近両用に変えるときも同じ種類のレンズ(ハードやソフトなど)を選ぶと、装用感やハンドリング、ケアという点で慣れやすいです。一方でコンタクトレンズ未経験者は、基本的にソフトレンズを選ぶとよいとされています。

手術

最近は、レーシック手術(近視、遠視、乱視といった屈折異常を矯正するレーザー手術)の普及にともない、老眼に対しても手術を希望する人が増えたといわれています。現時点では確実に老眼を改善できる手術はありませんが、さまざまな方法や技術が開発され老眼のための手術も進化しています1)

・モノビジョンレーシック
左右の矯正状態(視力)に大きな差を持たせることで老眼を治療する方法です。片方の目は近くを、もう片方の目は遠くが見えるように矯正することで、両方の目で見た時に近くと遠くが両方とも見えるようにします。この方法の利点は、コンタクトレンズを使って手術後の見え方を事前にシミュレーションできることです。また、目の内側に対して行う手術ではないため、術後に重篤な合併症が起こることはまれです。ただし、手術自体は比較的簡単である反面、老眼が進行すると再び症状が現れてしまう場合もあります(再手術によって微調整することは可能です)。この手術は基本的に、水晶体に濁りのない45〜60歳くらいの方を対象に行われます1)

・多焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズとは、複数の距離に焦点が合うレンズのことです。もともと目の中にある水晶体を手術で除去し、この人工レンズを挿入することで、老眼を矯正することもできます。現在は、特定の距離に焦点が合うものだけでなく、近くから遠くまでスムーズに見えるようなレンズも登場しています。
レンズの種類によって光学特性が異なるため、術後にどのような見え方を希望するのか、事前に医師とよく話し合うことが大切です。また、術後にも適切なケアを受ける必要があります。

スマートフォンと老眼の関係性とは?

「スマホ老眼」とは、スマートフォンなどの画面を見続けることで、老眼に似た症状が現れてしまう状態のことをいいます。目の中で水晶体の厚みを調節している「毛様体筋(もうようたいきん)」という筋肉が凝り固まり、ピント調節がうまくできなくなるために起こる現象です。

「スマホ老眼」は、加齢による老眼とは異なり、症状は基本的に一時的です。十分な休養を取ったり、見ようとするものと適切な距離を保ったりすることで、多くの場合予防することができます。

IT機器の普及に伴って増えてきた目の病気には、スマホ老眼のほかにも、VDT(Visual Display Terminal)症候群(画面の見すぎなどによって、心身にさまざまな不調をきたす健康障害)や眼精疲労(疲れ目)、ドライアイなどがあり、これらの病気がひどくなると、目だけでなく体のさまざまな部分に影響が及ぶことがあります。IT機器の画面を長時間見すぎたときは、十分に目を休ませたうえで、少し熱めの蒸しタオルを目に当てると、血液の循環がよくなり疲労回復が早まるとされています1)。また、マッサージにも目の疲れを軽減する効果があると言われています。眉頭の生え際のあたりを押し(軽い痛みを感じる程度)、その後眉毛に沿って眉尻まで押していき、最後にこめかみの部分をゆっくりと押してみましょう。

このような対策を行っても目の疲れがなかなかとれない場合は、何か病気が隠れているかもしれませんので、眼科を受診しましょう。

老眼は早めの予防が大切! 簡単にできる予防法3選

紫外線を浴びる量を減らす

紫外線量と白内障の関係はよく知られていますが2)、3)、ある研究によると、紫外線の強い地域で暮らしている人は、弱い地域の人に比べて、早くから老眼を発症する傾向にあることが示されています4)

目の健康に良い食生活

栄養バランスの取れた食生活を送ることで、老眼の進行をある程度遅らせることができるといわれています。目に良いとされている栄養素には、ビタミンA、β-カロテン、ビタミンB群(特にB1とB12)、タウリンなどがあります。これらを含む食品を摂るように心がけましょう。

マッサージや目のトレーニング

こめかみのマッサージ、遠くと近くを交互に見る、目の体操などを日頃行うと、目の疲れの解消になるともいわれています。

まとめ

「老眼」と聞いても、大した問題ではないと思う人もいるかもしれません。しかし、老眼を放置するとさまざまな体の不調につながることがあるため、対策がとても重要です。最近では、性能の高い遠近両用のコンタクトレンズも登場しており、老眼の煩わしさから解放されつつある状況になってきました。

「老眼かな?」と感じたら、生活に支障が出る前に、早めに眼科を受診して適切な対策をとりましょう。

参考サイト
公益財団法人 日本眼科学会 https://www.nichigan.or.jp/
公益社団法人 日本眼科医会 https://www.gankaikai.or.jp/
日本医用光学機器工業会 http://www.jmoia.jp/
メガネポータル http://www.jmoia.jp/glasses/meganeportal/

参考文献
1)井垣通人ほか 日職災医誌 62:8-16,2014  http://www.jsomt.jp/journal/pdf/062010008.pdf
2)日本白内障学会  http://www.jscr.net/index.html
3)白内障と疫学研究  http://www.jscr.net/ippan/page-007.html
4)Miranda MN, Trans Am Ophthalmol Soc. 77: 603–621, 1979

瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら瞳思いで、どこまでも。その悩み、コンタクトレンズとの相性かも?アキュビュー® を試してみませんか 詳しくはこちら

関連記事

はじめてのコンタクトレンズガイド 調光機能を知る 購入方法を知る

コンタクトレンズを探す

1日使い捨てコンタクトレンズ

お手入れ方法
1日使い捨てのコンタクトは毎朝新しいレンズを使い、夜にはそのレンズは捨ててしまいます。よって、レンズケア商品を購入する必要はありません。

ライフスタイル
1日使い捨てのレンズはお手入れが簡単で扱いやすく、はじめてコンタクトをお使いになる方や、活発なライフスタイルをお過ごしの方におすすめです。

2週間交換コンタクトレンズ

お手入れ方法
毎日のシンプルなレンズケアで、安全に、そして清潔にご使用いただけます。夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

ライフスタイル
こちらのコンタクトは開封してから2週間お使いいただけます。安全に、そして清潔にお使いいただくために、毎日のシンプルなレンズケア(洗浄・消毒)を行い、夜間はコンタクト専用の保存液につけてください。

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア