Skip to main content

サイト内検索
サイト内検索

角膜感染症とは?症状やコンタクトレンズユーザーが気をつけるべきこと

コンタクトレンズは使い方を誤ったり、ケアを怠ったりすると、目のトラブルに繋がってしまうことがあります。角膜感染症は目のトラブルのひとつで、コンタクトレンズの不適切な使用方法などが原因となる場合もあるといわれています。この記事では、角膜感染症とその症状、コンタクトレンズユーザーが気をつけるべきことについて解説します。

 

目次

1 角膜感染症とは?

2 角膜感染症の症状

3 コンタクトレンズユーザーが特に気をつけるべきことは?

4 まとめ

 

角膜感染症とは?

角膜感染症とは、角膜に細菌やカビ、ウィルスなどの病原性を持った微生物が侵入した結果、炎症を起こした状態のことです。通常、角膜の表面は角膜上皮という組織で守られているため、そう簡単には感染症にはなりません。ところが何らかの理由によってこの角膜上皮にキズがついてしまうと、そこから微生物が角膜に付着し、繁殖しやすくなってしまうのです。

 

角膜感染症の症状

角膜感染症になると、目が痛い・ゴロゴロする、目が充血する、涙が出る、まぶたが腫れる、角膜が白く濁るといった、さまざまな症状が出ます。

 

主な角膜感染症の種類は、ブドウ球菌や緑膿菌などによる細菌性のもの、カンジダなどによる真菌(カビ)性のもの、アカントアメーバと呼ばれる微生物が原因のもの、ヘルペスウィルスなどによるウィルス性のものがあります。その中でも、細菌性角膜炎とアカントアメーバ角膜炎は、近年コンタクトレンズ装用者に多く見られるといわれています。

 

コンタクトレンズユーザーが特に気をつけるべきことは?

ではなぜコンタクトレンズユーザーに角膜感染症の患者が増えているのでしょうか?それは、コンタクトレンズの取り扱いや使い方が不適切なために、細菌が付着して目に入り込んで細菌性角膜炎になってしまったり、アカントアメーバに感染し、アカントアメーバ角膜炎を引き起こしてしまったりしているためです。

 

水道水にも角膜感染症の原因になりうる細菌や微生物が存在する可能性があるため注意が必要です。また、コンタクトレンズケースでも微生物が繁殖するため、コンタクトレンズケースも清潔に保ち、定期的に新しいものに交換しましょう。

 

まとめ

角膜感染症予防のためにも、眼科医の指示のもとコンタクトレンズを正しく取り扱い、目の健康を守るように心がけましょう。

 

参考:日本眼科医会HP「角膜感染症」

http://www.nichigan.or.jp/public/disease/kakumaku_kansen.jsp

関連記事

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア

眼科へ行こう

眼科へ行こう!