Skip to main content

使い捨てコンタクトレンズとは?~使い捨てでないものとの違い~

最近では、コンタクトレンズで視力矯正をしている方の中で、最も選ばれている「使い捨てコンタクトレンズ」。使い捨てコンタクトレンズを選んでいる方が多いのには、使い捨てではないコンタクトレンズとの違いに理由がありそうです。どんな違いがあるのか、見ていきましょう。

 

目次

1 使い捨てコンタクトレンズとは?

2 使い捨てコンタクトレンズ以外のコンタクトレンズとは?

  2.1 使い捨て以外のソフトコンタクトレンズ

  2.2 ハードコンタクトレンズ

3 使い捨てコンタクトレンズとそうでないコンタクトレンズの違い

4 まとめ

 

使い捨てコンタクトレンズとは?

日本コンタクトレンズ協会の定義によると、使い捨てコンタクトレンズとは、一度はずしたらそのまま捨てるタイプのコンタクトレンズを指します。1dayタイプや1weekタイプのものがあるようです。どのタイプにするかは、その人の目の状態や生活スタイルによって、眼科医が適したものを選択します。

 

使い捨てコンタクトレンズ以外のコンタクトレンズとは?

使い捨て以外のソフトコンタクトレンズ

2weekタイプや1monthタイプのコンタクトレンズは「頻回交換レンズ/定期交換レンズ」と定義されています。また、さらに長期間使用するタイプのソフトコンタクトレンズもあります。これらのソフトコンタクトレンズは、使い捨てコンタクトレンズと異なり、毎日のケアが必要になります。
 

ハードコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズは、硬いプラスチック素材でできており、酸素が目に届きやすいという特徴があります。ソフトコンタクトレンズと違い、使い捨てタイプはありません。レンズの寿命はだいたい2年~3年程度(※)といわれており、その間は毎日のケアが必要になります。

※個人差があります

 

使い捨てコンタクトレンズとそうでないコンタクトレンズの違い

違いの一つとして、毎日のケアの有無が挙げられます。1dayタイプをはじめとする、使い捨てコンタクトレンズは一度目からはずしたらそのまま捨ててしまうため、ケアは必要ありません。

 

まとめ

ソフトコンタクトレンズには、複数の種類があり、生活状況や希望の見え方などによって適切な種類が異なります。眼科医を受診し、あなたに適したコンタクトレンズの種類を処方してもらいましょう。

 

 

 

 

関連記事

さあはじめましょうコンタクト

お近くのアキュビュー® 取扱い店をさがす

アキュビュー® 公式のオンラインストア