Skip to main content

サイト内検索

サイト内検索

コンタクトレンズを購入する時の流れや購入方法について

初めてコンタクトレンズを作りたいと考えている方に、コンタクトレンズを購入する方法と購入時の流れについてご説明します。

 

目次

1 コンタクトレンズの購入には眼科医の検査が大切

2 コンタクトレンズを購入する方法

 2.1 眼科で診察を受けて購入する場合

 2.2 コンタクトレンズ販売店で購入する場合

 2.3 通販で購入する場合

3 どの方法で購入する場合も守りたいこと

4 まとめ

 

コンタクトレンズの購入には眼科医の検査が大切

コンタクトレンズは高度管理医療機器であるため、購入する際は眼科医による検査をしたうえで、処方をしてもらうことが大切です。どの方法でコンタクトレンズを購入するにしても、眼科を受診し、コンタクトレンズについて相談するところから始めましょう。

 

コンタクトレンズを購入する方法

コンタクトレンズを購入する方法ごとに、流れを説明します。

 

眼科で診察を受けて購入する場合

眼科では、まず問診が行われます。問診では、目に気になる症状が無いか、アレルギーはないか、病歴や生活状況、希望のコンタクトレンズの種類などを伝えます。

その後、検査や眼科医による診察が行われます。※順番は眼科により異なります。

検査では、視力などを確認します。眼科医による診察で、眼の状態や検査の結果からコンタクトレンズ装用が可能と判断されれば、次にトライアルレンズを装用して実際に目のなかでコンタクトレンズがスムーズに動いているか、目に合っているかなどを確認し、問題が無ければ処方をしてもらいます。その後、処方に従ってコンタクトレンズ販売店などでコンタクトレンズを購入することになります。

その他、眼科では検査のみならず、コンタクトレンズを取り扱うための指導を受けることもできます。

 

コンタクトレンズ販売店で購入する場合

コンタクトレンズ販売店で購入する場合も、まずは眼科医の検査を受けて処方をしてもらうことが大切です。その後、眼科医の処方をお店の人に見せてレンズデータを確認してもらいます。そして、眼科医の処方に従ったコンタクトレンズを購入することになります。

 

通販で購入する場合

通販でコンタクトレンズを購入する場合も、最初に眼科医に検査をしてもらい、処方に基づいて購入手続きを進めることが大切です。2回目以降の場合でも、度数や目の状態に変化があるかもしれません。そのため、改めて眼科で検査をし、目の状態にあった処方をし直してもらってから購入するようにしましょう。

通販の場合には、実際の商品を購入前に手元で確認することができないため、届いたらすぐにパッケージに破損がないか、処方と違っていないかなどを確認しましょう。

 

どの方法で購入する場合も守りたいこと

コンタクトレンズを快適に使い続けるためには、日々の正しい装用方法を守り、正しいケアと目の定期検診をすることが大切です。目に何も違和感がなかったとしても、気が付かないうちにキズがついていることや、何らかの症状があらわれている場合があります。また、目は年齢によっても見え方が変わっていきます。常に目にあったコンタクトレンズを装用するためにも、3か月に1度程度は定期検診を受けるようにしましょう。

 

まとめ

コンタクトレンズを購入する時は、どの方法で購入する場合も、眼科を受診して検査と処方をしてもらうことから始まります。

購入後は、正しい装用方法を守り、きちんとケアをしましょう。そして、定期検診もお忘れなく。