Skip to main content

サイト内検索

サイト内検索

コンタクトレンズを片目だけつけるのは可能?

“右目は裸眼でよくみえるけど、左目が裸眼では見えにくい”。そんなあなた、片目だけコンタクトをつけてもいいのかな?と思ったことはありませんか?ここでは、コンタクトレンズを片目のみ装用するのは可能かどうかについて説明します。

 

目次

1 コンタクトレンズを片目だけつけるのは可能?

2 片目だけコンタクトレンズを使用するケース

 2.1 片目の視力だけが悪い

 2.2 片目にキズができた

 2.3 モノビジョン法を行う

3 まとめ

 

コンタクトレンズを片目だけつけるのは可能?

片目だけコンタクトレンズを装用することは特に問題はありません。両目に装用する時と同様に、片目だけの矯正で良いのかどうかも含め、必ず眼科医の処方に従って使用してください。

自分では矯正が片目でいいと思っていても、実は両目矯正が必要であることもあります。また、目の形や状態は人それぞれです。目に合わないレンズをしていると、様々なトラブルを引き起こしかねません。片目だけコンタクトレンズを装用する場合でも、レンズの度数や目との相性など、きちんと眼科で検査してもらいましょう。

 

片目だけコンタクトレンズを装用するケース

コンタクトレンズを片目だけ装用するのは、どのような場合が考えられるでしょうか。該当するケースをいくつかご紹介します。

 

片目の視力だけが悪い

眼科医より、矯正が必要なのが片目だけであると診断された場合、矯正が必要のない目にコンタクトレンズを装用する必要はありません。
 

普段は両目にコンタクトレンズを装用しているが、片目にキズができた

目にキズができた場合、眼科医からコンタクトレンズ装用中止を指示されるケースがほとんどです。もう片方の目のレンズは装用したままでいいのか、それとも両方ともはずすべきなのかは、眼科医にご相談ください。
 

モノビジョン法を行う

モノビジョンとは、利き目で遠くを、もう片方の目で近くを見えるように度数を調整し、両目で見たときに遠くも近くもよく見える状態にする方法です。主に老眼の矯正に用いられています。モノビジョンによる矯正を行うために、片目にのみコンタクトレンズを装用する場合もあります。

 

まとめ

矯正が必要なのが片方の目だけでありコンタクトレンズの装用に問題がないと眼科医が診断した場合は、コンタクトレンズを片目だけつけることは可能です。自分では矯正が必要なのは片目だけだと感じていても、検査の結果両目とも矯正が必要であると判明する場合もありますので、自己判断で片目だけコンタクトレンズを装用するのは避け、まずは眼科医に相談しましょう。