Skip to main content

コンタクトレンズにしたいと思ったら【購入の流れ】

この記事では、初めてコンタクトレンズを使用したいとお考えの方を対象に、コンタクトレンズの購入の流れについて解説します。

 

 

目次

1 コンタクトレンズを購入する際の基本的なステップ

 1.1 はじめに

 1.2 問診

 1.3 検査

 1.4 装用テスト・決定

 1.5コンタクトレンズの取り扱い方法についての説明

2 定期検査は必ず受けましょう

3 おわりに

 

コンタクトレンズを購入する際の基本的なステップ

はじめに

目の状態は人によって異なります。目にあったレンズを使用するため、コンタクトレンズを購入する際は、眼科医の検査・処方を受けましょう。眼科へ行く際は保険証も忘れずに持参しましょう。

 

問診

どのようなコンタクトレンズがあっているかは、目の状態や使用目的、ライフスタイルなどによって異なるため、まずは問診を通じてチェックをします。

 

検査

問診が終わると、目の健康状態を確認するため、目の検査を行います。目の見え方だけでなく、目にキズがないか、アレルギーがないかなどさまざまな検査を通じて、レンズを装用しても問題ないか、またどのレンズが最適なのか、などを確認します。

 

装用テスト・決定

目の検査が終わったら、検査結果にもとづいて眼科医が選んだコンタクトレンズを試しに装用し、見え方やつけ心地、レンズが目にあっているか等確認し、最適なレンズを選びます。

 

コンタクトレンズの取り扱い方法についての説明

最後に、コンタクトレンズのつけはずしの方法やケア方法などに関する説明を受けます。もしわからないことや不安なことがあれば、必ず確認をしておきましょう。

 

 

定期検査は必ず受けましょう

定期検査は、コンタクトレンズ装用時の見え方や目の状態などを定期的に確認する大切な検査です。眼科医の指示に従って、定期検査を受けるようにしましょう。

 

 

おわりに

今回は、コンタクトレンズにしたいという方に向けて、購入の流れについて解説しました。快適にコンタクトレンズを使用するために、いずれのステップも欠かせないものです。コンタクトレンズの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。