Skip to main content

コンタクトレンズ装用中、目がチクチク痛いのはなぜ?装用時に気を付けたいこと

コンタクトレンズ装用中に、チクチク、ゴロゴロして目がつらいと感じたことはありませんか?不快な症状はなぜ起こり、どのようにすればいいのでしょうか?コンタクトレンズ装用時に目が痛い原因として考えられることをいくつか挙げ、コンタクトレンズ装用時に気を付けたいことも解説します。

 

目次

1 コンタクトレンズ装用中、目が痛いのはなぜ?緩和のためにできることとは?

  1.1 レンズにゴミがついている

  1.2 目の乾き/ドライアイ

  1.3 変形したレンズの装用

2 まとめ

 

コンタクトレンズ装用中、目が痛いのはなぜ?緩和のためにできることとは?

レンズにゴミがついている

コンタクトレンズと角膜の間にゴミや砂の粒などが入ると、目がチクチク痛かったり異物感を覚えたりします。その場合は、コンタクトレンズ用の目薬をさし、ゴミが流れ出るのを待ってみてください。焦って強くこすると角膜を傷つけてしまうことがあるのでやめましょう。

 

目の乾き/ドライアイ

ソフトコンタクトレンズを装用した場合は、レンズ表面の涙は薄く不安定になるため、痛みやゴロゴロ感につながることがあります。ドライアイではなかったとしても、エアコンで空気が乾燥している部屋でパソコンなど眼を酷使する作業をしている人は一時的にゴロゴロ感を感じやすいかもしれません。

 

乾燥しやすい環境にいる場合は適度に目を休めるようにしましょう。また、眼科医に相談し、処方された目薬で目に潤いを与えるなどもよいでしょう。

 

変形したレンズの装用

ケアが必要なコンタクトレンズの場合、ケア用品にレンズが十分に浸っていないと、水分不足でレンズの縁が波打つことがあります。このような変形したレンズの装用で目が痛いと感じることがありますので、その場合には装用せず、新しいレンズに交換しましょう。

気づかず目に入れて痛いと感じることがないように、装用前には必ずレンズの状態を確認しましょう。

 

まとめ

コンタクトレンズ装用中に目が痛いと感じる時のケースと気を付けたいことを解説しました。いずれにしても、痛みを感じるような場合、レンズの装用を中止して眼科医に相談するようにしましょう。